海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
それは 白石さんに聞いた..
by 余計なお世話かも at 22:33
っすね。 昨日、製材所..
by kaiganyafoo at 07:05
携帯の電源切ってても  ..
by 余計なお世話かも at 21:04
これは砥石が柔らかいから..
by kaiganyafoo at 22:01
先日、初めて縦研ぎで 鑿..
by 余計なお世話かも at 21:24
ブログへの コメント あ..
by soken-t at 00:52
soken-tさま こ..
by kaiganyafoo at 20:03
丁寧な 回答 ありがとう..
by soken-t at 13:45
soken-tさま は..
by kaiganyafoo at 23:45
初めて コメント させて..
by soken-t at 21:09
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧


今日はお休み または清忠の剣先

申し訳ないけど
今日はなかなかにハードワークで
海岸屋は もう寝ます。


題名の清忠の剣先
a0157159_2231299.jpg
昔からあった道具じゃない気がする。

こうやって使います。
a0157159_22321545.jpg
玄関框の加工をしているんですが
胴付きをぴったりとくっつけるための加工です。

胴付き鋸を使うよりも
鑿でさらうよりも
鉋をかけるよりも精密にできるそうです。

材料にかぶせているのは定規。
厚みがあるのは その断面をガイドレールとして利用するから。


あああ
なんてタメになるんだろう。
これであなたも明日から造作名人だ。

え?
大工じゃない?
じゃあ 知り合いの大工さんに教えてあげてください。

強引なオチで申し訳ない。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-09-30 22:38 | 大工道具 | Comments(0)

杉の研究 京都北山 その2

あのね
普通 杉の話なんてつまんないんだと思うんだ。
でも 今日本の林業は かなり難しいところにきていて
その象徴が 杉という材料にあらわれていると思う。

だからここしばらくは杉の話になります。
申し訳ないね。

さて 北山杉といえば 磨き丸太。
a0157159_19564318.jpg
どうですか?
日ごろ 杉の木なんか あんまり気をつけて見てないんだけど
それでも これは普通の杉とは別物 というのはわかる。

チョー長くて
チョー細くて
チョー丸いよね。

これはこうなります。
a0157159_2012781.jpg
見たことある?
床柱に使うよね。

和風の旅館なんかだと けっこう使ってるのかな?

これもいろんな種類がある。
a0157159_2041591.jpg
左から シボ丸太2本 ちりめん 面皮 あとは出シボ。
ちなみに これは全部天然もの。

天然もの ってことわるからには 人造ってあるのか と言えば ある。
菜箸みたいな棒を 針金(かな?)で巻き付けておくと
木が太った分だけ喰い込んでシボがつく。

出シボは作れないらしいけど。
出シボってのは 山に生えてるときはこんなかんじです。
a0157159_22242298.jpg
ね? 皮の上からでもわかる。

チリメンはどうか
a0157159_22534756.jpg
チリメンは皮の上からじゃわからない。
そして この断面を見てわかるのは 細いときにはチリメンになっていない ということ。
実は太くなりすぎても チリメンは消えるそうです。

さて 事細かに説明しましたけど この先もある。
それは さらに明日説明するであろう。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-09-29 22:59 | 材料 | Comments(6)

杉の研究 京都北山

はい
どーもすんません。
更新を怠ること3日 大変申し訳ない。

25日 26日と二日間 杉の勉強をしに 京都と奈良へ行ってきました。
でもって 今日はその報告
京都編どすえ。

a0157159_23225366.jpg
みんな一回くらいは見たことがあると思うけど
これが北山杉の山です。

場所は京都の北西の方で、
鳴滝とか梅ヶ畑とか奥殿とか 
砥石の名前でさんざん聞いた地名の場所を通り過ぎて
杉の里トンネル と言う いかにも的な名前のトンネルを過ぎると
北区中川北山町に出ます。  

この辺が北山杉のふる里。
a0157159_2346549.jpg
もうね ずるいんじゃないの?ってくらい雰囲気のある景色がひろがります。

山の様子はこんなふうです。
a0157159_23485274.jpg
良く手入れされていますね。
山というより 精農の畑 といった風情。


というわけで (どういうわけなんだか)
明日は その北山杉について語るであろう・・  では(眠くなったらしいぞ)

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-09-28 23:52 | 材料 | Comments(0)

トイレのカビ 湿気でお悩みの方に

秋らしい いい天気です。

朝は民家の現場に先輩の顔を見に行って
帰りに別の大工さんの ぶっとんだ現場を見て
そのあと 近所の親方の告別式に出て
あとは作業場で材料の加工・・・

なんだかいろいろの一日です。

さて 先日の現場はトイレの改装だったんですが
その原因は カビ。

かなりきれい好きで そうじも良くする奥さんなんですが
なぜかトイレの壁をはじめ あちこちにカビがはえる。

あまりにひどいのでそのトイレは使わずに
2階のトイレばかり使うようになっちゃった。

そう
カビのはえるのは 1階のトイレなんです。

a0157159_1912395.jpg
壊しはじめて 後から撮った写真。

一番奥の下の方がカビます。
クロスが黒くなっているのが少し見えますね。
なぜか。

これは おしっこの飛沫が飛んだわけじゃない。
なぜなら 場所が違うから。

床下の湿気が上がってきているわけじゃない。
床下はベタ基礎で乾燥してサラサラだから。

この原因は おそらく結露ではないか と考えています。
写真を見てわかるように トイレ側面の壁には断熱材が入っていません。

そう
外部に面していない中間仕切りの壁には 
普通断熱材を入れないんです。

ここはたまたま階段の下ですからわかりやすいんですが
そこは 床下空間とつながっている いわば外部なんです。

すると
冬などはトイレの空間よりも
外気に接している壁の温度が低くなる。
壁が結露する
カビがはえる

という図式です。

この推測を補強する状況として ふたつ。

断熱材の入っている外壁側は あまりカビない
それから
ある程度の高さのある部分にはカビがはえない。
(床下の冷気から遠いから)

というわけで
便器交換 内装張替えの工事をする機会に
断熱改修をしました。 

海岸屋の予想では
おそらくこれでカビは止まります。

壁体内への通気止めだけでもかなり効果はあるだろうけどね。

いつかやった押入れのカビ止め工事と同じ理屈です。
ただ 押入れと違って
内装の仕上げは左官壁にはしません。
汚れやすい場所ではあるんで。

その分 断熱はしっかりとしなくちゃいけませんが。

新築工事を始める方 参考にしてください。
今住んでいる家もそうだ という方 改修工事の参考に。

おそらくていねいな工務店や設計屋さんは
普通に実施されていることだろうと思いますが。
そうでない施工も多いのでね。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-09-24 19:25 | 工事 | Comments(0)

落花生は土の中にできるのだ

みなさん お疲れ様です。

今日は秋分の日です。
彼岸の中日ですな。

この辺の土地では
彼岸に働く者は 良く言われないようなんですが
でもまあ 仕事があれば そうとばかりも言ってられずに
一日 しっかり働いてきた海岸屋でした。

さて
その現場ですが 隣が落花生畑。
見るともなく見ていると 堀り上げています。
a0157159_2281592.jpg
わかりますか?

アップです
a0157159_2294919.jpg

落花生と言うのはピーナッツのことで
ナッツと言うからには木の実かとおもっていましたから
はじめて知ったときにはびっくりです。




と ここで日付が変わっています。
パソコンの画面から出る催眠電波で 意識を失っていました。
(寝てたって話だ)


千葉と言えば落花生
落花生といえば千葉っていうくらいで
もし 千葉が野球の球団を持つことになったら
千葉ピーナッツか
野田キッコーマンズしかないだろうと思いますが
でも あーた
ピーナッツって何ですか?

カシューナッツは カシューの実だし
ヘーゼルナッツは ヘーゼルの実だろうけど (ホントか?)
でも
ピー ってなんですか?
ピーナッツって ピーの実?

わからん!
木の実でもないのにナッツだし。

実は こうやって落花生を掘りあげておく意味もわからん。

誰か教えてください。もう。

と いうわけで
食に対する教養の浅さを露呈してしまった海岸屋ですが
まー 今日は素晴らしい秋晴れなんで
機嫌よく仕事に行きたいと思います。
今日から 長袖だな。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-09-23 22:21 | 季節のはなし | Comments(2)

とある職人の最期

海岸屋はこのあいだ 佐原で仕事をしましtが
その仕事は すぐ近所の親方の手伝いでした。

それが19日のことです。

親方はだいぶ体調が悪くて
その日も一緒に仕事にいく予定ではあったんですが
事務所に残っていました。

それが21日 昨日亡くなってしまいました。

ここのところ とてもお世話になっていたし
面倒見のいい親方だったのに 残念です。

亡くなる2~3日前まで仕事をしていた という事になります。
まだ57歳ということで 早すぎるとは思いますが
最期も立派だったようで これもまた運命なのかもしれません。

一現場 途中のままの仕事がありますが
いくらか手伝いをして 終わらせることができるように と思います。

親方 生涯働きづめだったけど
やすらかに眠ってください
合掌

by kaiganyafoo | 2011-09-22 21:24 | Comments(5)

わが社の事務所は美しいか

みなさん お疲れ様です。

今の時間、千葉の天気は平穏ですが
午後から大荒れでした。
すごかったなー。

みなさんの地域では台風 どうなんでしょうか。

海岸屋は午前中 現場で仕事をしていましたが
まわりを片付けて 早上がりしました。

午後は事務所の中で 片付けと棚吊り。
他にやれることもないんでね。

先日 壁塗りが終わっていたので
やっと養生を剥がしました。
a0157159_2295997.jpg
右手に見えるのは 現場から貰ってきたタンス。
もともとが こんなふうに壁に埋め込むように設置してありました。

棚板はすべてケヤキ
小さい方の棚板は 近所の造り酒屋の解体のとき
貰ってきた 縁側の古材です。
前にも言ったっけ?

a0157159_22141463.jpg
逆側から見るとこんなふうに見えます。
ワラ入りのしっくい壁も まあまあの雰囲気。

a0157159_22165441.jpg
最近 可愛がっているツタを置いてみました。
a0157159_22182100.jpg
本も置いてみました。
かっこいいかな?

でもなー
なーんか すぐ散らかっちゃう予感がします。
物は増えそうだし。

また暇を見て ボチボチ作っていきます 事務所。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-09-21 22:23 | 海岸屋ふーの流儀 | Comments(0)

佐原で仕事

みなさん お疲れ様です。
台風の影響とか どんな具合でしょうか。
千葉は 夕方から雨が降る と言われていたんですが
まあ おおむね 平穏な天候でした。
15号 これから来るんですかね。

さて
今日の海岸屋は手伝い仕事で佐原に行きました。
朝 出発直前にそれを知らされたので
カメラは持って行きませんでした。
もったいないなー

ですから携帯電話の写真です。
a0157159_2282660.jpg
a0157159_2284256.jpg
水郷佐原ってかんじです。

ただ 地震の影響はかなり大きいようです。
屋根瓦の修理がまだ進んでいません。

うわさによると 瓦の在庫がなくなっちゃっているらしいんですが
ここの近くのお宅を見ると 今の瓦の寸法とは違うようです。

平瓦は無事で 棟だけ壊れている場合
古い瓦の屋根はどうやってなおすんだろう・・。
まさかツートンカラーなんだろうか
全交換なんだろうか
台風が来たら 雨漏りするんだろうな

そんな心配をしていた海岸屋でした。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-09-19 22:16 | 工事 | Comments(2)

削ろう会 その後   大鉋です

みなさん お疲れ様です  って
今日は日曜日か・・・

海岸屋は打ち合わせその他
仕事っぽい一日でした。

親方の作業場まで打ち合わせに行ったところ
見せてもらったのは この鉋
a0157159_22251449.jpg
うお! でけえ!
尺鉋であります。

親方が 先日の削ろう会に持っていって
ちゃんとした鉋屑(削り華?) を出したという代物です。

刃は中〇〇〇さんの作で
もう作りたくない と言うご感想だったらしいですが
よく切れる という評価でした。

台は 愛媛のかたのアドバイスもあり
自分の工夫もありの 手のかかったつくり。
すごい手間だっただろうな・・。

尺の鉋と
8寸の鉋
a0157159_22332528.jpg
ちなみに研ぎは 普通に天然砥石で研いだそうです。

そう、冶具も使わないし 粉も使わない   だそうです。

トラディショナル スタイルですか・・
大鉋部門(どんな部門だっていう話ですよね)では
もう少数派になっているんですかね・・

まあなんにしろ
研ぎ 仕込み 台仕立て と
数年前には考えもつかなかった大進歩があった ということです。

不思議と言えば不思議なはなしですね。


蛇足をつけくわえるならば
ムクの一枚板の台に尺鉋を仕込んで
仕事で使っていた千葉の力ちゃん という人は
いったいどんな人なんだ という疑問がわきます。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-09-18 22:42 | 大工道具 | Comments(2)

Re:gendo (りげんどう)

みなさん こんばんわ
今日はダウンしていた海岸屋です。
かっこわる

以前 出入りしていた会社の所長さんは
まるっきりのハゲだったんですが
出入り口のそばにカツラが置いてあって
出かけるときだけかぶって行ってました。
「いってきまーす」  「かぱっ」 って。

帽子感覚  かな?

具合が悪くて寝てるというのに
そんなことを思い出していた海岸屋です。


さて 先日出掛けた 西荻窪。
りげんどう と言う名前のかっこいいお店に出会いました。
a0157159_21414916.jpg
いやー 土門拳の写真集を買ったもんだから
ぐっとアップの写真が多いです。 今回。

以下 照明です。
a0157159_2144847.jpg
a0157159_21441960.jpg
a0157159_21443435.jpg

a0157159_2145295.jpg
ね? かっこいいでしょ?

これじゃぁ お店の様子がわからないって?
そうだね。
まあ りげんどう で検索してホームページを見て下さい。
この店が ただかっこいいいだけの店じゃないことがわかります。

ちなみに海岸屋のおみやげはこれ
a0157159_2152797.jpg
ちりとり っていうか 手箕っていうか その中間の大きさと使い勝手なんだけど
大きい方は一斗缶 小さい方は4ℓのオイル缶を使って作ったものです。

さっそく現場で使っているけど 快調だね。
一斗缶をちりとりに加工したものは よく見るけど
これは箕の形にしたところが秀逸。
へりの根曲がり竹も いいかんじだよね。

今日はりげんどうの手先になったみたいなかんじだな
まー いいよね。
古い民家を修復して使っているのも好感が持てるし。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-09-16 22:01 | お店 | Comments(0)