海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
公式サイト
最新の記事
神楽坂建築塾に学ぶ
at 2017-06-13 20:35
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
最新のコメント
川越さま 山で木を伐っ..
by kaiganyafoo at 09:01
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧


藤と犬

今日もいい天気ですね
昨日は 現場三つで200kmも走って
くたびれてしまって 夜はバタンキューです。
(何?表現が古い? 50代のおやじには普通なんだが・・)

市原の現場 八日市場の現場とケリがついて
すこしホッとしているところです。
ことに八日市場の現場は 震災の影響でユニットバスが入ってこなくて
一ヶ月近くも仮設の風呂を使ってもらっていたので 引き渡せてよかったです。
久しぶりに 刻みから造作工事まで 一人でやったしな。

そこんちの犬
a0157159_21394097.jpg
可愛くないですか?
家族に良くされていて いい性格になった顔してる・・・気がするんですけど。

ただ 写真を撮ろうと思って近づくと
遊んでもらえると思うのか
右に左に動き回るので こんな写真をたくさん撮りました
a0157159_21434330.jpg
ダメじゃん 海岸屋。
女の子の尻を追いかけるのは良くても(いいんかい!)
犬の尻はなぁ・・。

でも とても良くしてもらって
楽しい現場でした。

で、話は変わりますが これ
a0157159_21462749.jpg
咲き始めたウチの藤です。
藤の花が咲くのを見て いつも思うのは 藤の模様のこと。

日本に昔からある模様で 有職文様というのがありますが
今は 古臭いとか言ってあまり使われないのかもしれません。

海岸屋が好きな 日本手ぬぐいでも
伝統的な柄よりも 今風な柄のほうが売れているようでもあるし。

でもなー
藤。

よくも 藤の姿から あのデザインを抽出したなぁ と感心するんです。
そう思ってみると あれこそ藤の姿だよ と言いたくなってしまう。
もう 海岸屋の脳みそに そうやって刷り込まれてしまっているんだとしても
それはそれで すごい。

嫌味な味のものだったら 
飽きてしまって 離れるからね。

でしゃばらず
いつも側にいて 
いつのまにか馴染んでしまうような
そんな趣味のいい住まいが建てられたらなぁ・・ と

歴史のある有職文様に対して
臆面もなく夢想する海岸屋であったのでした・・・ (なんだ? この終わり方は?)


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-04-29 22:00 | 季節のはなし | Comments(0)

下地の入れ方

みなさん お疲れ様です。

八日市場の現場の木工事は
やっと終わりました。

今日は石膏ボードを張って
巾木や廻り縁を入れました。

さて
この石膏ボードの下地ですが 簡単に済ますやり方もあるし
手間と材料をかけて しっかりと組むやり方もある。
ただ
左官仕上げや クロス工事が終わってしまえば
表面からはわからなくなってしまいます。

今時 建材を使わずに 枠や巾木 廻り縁などを ムクの材料に手鉋を掛けて作る 
なんていうのもけっこう地味な仕事なんですが 
それでも目で見える部材だから まだ理解してもらいやすいのに比べて 
下地仕事はダメ。

しっかりと組めば かなりの手間がかかりますが
手間をかけた仕事が評価されるご時勢ではありませんし
施主はもちろん 現場監督だって下地の重要性を認めることはほとんどないのです。

予算内に収めること
工期を守ること

この二つが至上の価値であって
木材の乾燥だとか
堅実な施工だとかは 二の次になります。

今 馬脚をあらわしている原発だって
工期に間に合わせるために かなり無理をした といいますから
どんだけ 重要なんだよ工期 って思いますがね。

まして 見えなくなる部分に手間をかけるなどというのは論外で
多少物分りのいい施主でも
そんなことに予算は割きません。

タイルにしろ 自然石にしろ
ビニールクロスにしろ プリントベニヤにしろ
表面だけを取り繕って 今の家は出来ています。
「張る住宅」 です。

けっこうな価格の高級住宅でも
設備器具とか サッシだとかに予算をとられて
構造なんかは 普通の家とおんなじです。

あれじゃぁ クラウンの車体にカローラのエンジンを載せてるみたいなんだけどなぁ って
思うことがよくあります。

手間をかけることだって スープを一日かけて仕込むラーメンとかなら
それなりに評価されたりもするのに なんで住宅は そうならないのか不思議です。

まー あれです
「ここは地味だけど大事なポイントだから
写真に撮って ブログに載せたろ」
とかちらっと思いながらも 

「こんなん 載せても またマニア君な話で うけないよなぁ・・」
と思ったり 思わなかったりで めったに実現しませんから
大工しか知らない小さな話題なのかもしれませんね。

でもなー どうなんだろ。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-04-27 23:46 | 工事 | Comments(14)

名店

今日もいい天気でした。
これから梅雨までのあいだは
一年中で一番外仕事に向いている季節じゃないかな?

その外仕事が 海の近くだったら なおいいんでけどね。

仕事が 岬町(旧町名だね)や 大原のときは
ここの店をねらいます。

a0157159_22531272.jpg
名店ですね。
海岸屋の運が悪いのか 空振りのことが多いんですが
このあいだは 大丈夫でした。

海岸屋が頼んだものはこれ
a0157159_22563031.jpg
ええっと 名前を忘れてしまった・・・。

a0157159_22571859.jpg
これも のりごはん だったか いわのりめし だったか 全然憶えていない・・
三軒屋さんには 申し訳ないな。

でも ラーメンも このご飯もうまいぞ。
うまいだけではなくて なんていうか 店の雰囲気が 名店だ。
茂原の二号店に続いて
三号店が出たのも頷けるな。

ここの店の人はサーファーだから
いい波が来ているときは 店はクローズ という噂をきいたけれど
本当なんだろうかどうだろうか。

でも いいなぁ 岬町。
リゾートな雰囲気はあるし
ラーメンの名店はあるし
波の伊八の彫刻はあるし。

え?
最後の奴だけ判らない?

それはね このブログの左上の写真、 北斎の 「神奈川沖波裏」の
本歌じゃないか といわれている彫刻を彫った 名人のことだよ。

なにしろウチは海岸屋だから
これははずすわけにはいかない・・・んだけど
ホントのこと言って まだ見てないんだ
変なオチだったね。 


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-04-26 23:10 | 食べ物 | Comments(2)

丸ノコの刃 縦挽き

いい陽気ですね。
あいかわらず余震は続くし
今日は 千葉県内では 竜巻があったらしいですけど。

海岸屋の作業場から 自宅まで歩くあいだに
無数のカエルの鳴く声が聞こえてきます。

遠くから 近くから。

田んぼの水が入っているから
カエル達には 天国のようなのかもしれません。
サギや鴨など 天敵もたくさんいますけどね。

さて
先日買った縦挽き用の丸ノコの刃。
a0157159_2212411.jpg
使ってみました。
a0157159_22135282.jpg
全然 縦挽きっぽくなくて どうなの? って疑いをもっていたのですが。

ノコ屑はこんなかんじになります。
a0157159_2215267.jpg
縦横兼用みたいな ノコ屑じゃありませんかね?

使っていては 重くもないし 精度も悪くない  とは思うんですが・・。
a0157159_22173634.jpg
ノコ刃の上に乗っている
 へろんとした屑は
ちょうど 写っている窓の中に収まるような大きさですね。

たぶん 縦挽きの課題である ノコ屑のはけ具合は
この窓で解決しているんじゃないでしょうか。

でもなあ・・・
なんでだかわかんないけど しっくりこない。
挽き肌がきれいじゃないのが気に入らないのかな?
ノコ屑の形が気に入らないのかな?

よくわかりません。

気をとりなおして おまけの写真
a0157159_22253181.jpg
きょうのデザート。
ブラッドオレンジです。 国産。
タロッコ種 ということですが タロッコとはなんの事なんだかわかりません。

味は濃いです。 特に甘みが濃い。
さくらんぼとブラックチェリーの違いみたいなものを感じました。
ごちそうさまでした。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-04-25 22:39 | 大工道具 | Comments(4)

にんにく注射

日曜日ですが
みなさん お疲れ様です。

海岸屋は このあいだ 「にんにく注射」っていうのを
打つ羽目になりました。

知ってますか?
にんにく注射

プロ野球の清原選手とかが打ってたらしいんですけど
もちろん海岸屋は そんなことは知らない。

実は耳鼻科で打たれました。

海岸屋はいつのころからか 鼻が利かなくなっていたんですが
ふと気になって お酢のビンの口元に鼻をつけて吸ってみたんですが
全く匂いがしない。

匂いがしないって言っても 物理的な問題で
むせてしまってもいいようなものなのに それもない。

なんだか 残念だなぁ と感じていました。
ジュースを飲んだりしても 
香りがわからないと なんのジュースだかわからないしね。

それに加えて鼻炎のような症状も出てきたので
花粉症の季節も一段落したのをみはからって
耳鼻科に行ったんです。

そしたら あーた。

「にんにく注射を打ちます  この注射を打つと 鼻からではなく
直接 神経に匂いが感じられますから 嗅覚の神経がダメになってなければ
にんにくの匂いがしますよ。」

なーんて びっくりするようなことを言うではありませんか。

しました しました。

不思議なことに注射を打ってしばらくすると
にんにくのような匂いがするではありませんか。

「よかったですね  神経は生きてますよ」

なーんて言われてもよくわかんないんですけどね。


まあ それで炎症を抑えるっぽい薬の三種類ばっかり貰って
真面目に飲んでいたら 頭痛と吐き気で一日半寝た というわけだ。

さすが 自称化学物質過敏症だな。

まー
そのくらいだから
「にんにく注射を打つと 元気一杯」 かどうかは
全然わかんなかった というのが オチでした。


あああ
こんなことでは ブログの埋め草にもならないなぁ・・
すんませんでした。

by kaiganyafoo | 2011-04-24 20:18 | Comments(4)

鋸試験

地震の影響で 設置が遅れていたユニットバスですが
一ヶ月遅れで施工されました。

お客さんは 仮設の風呂で我慢してもらっていて
申し訳ないです。
これからは急ピッチで工事を進めますので。

さて 先日水戸の 中屋平治さんのところに目立てに出した鋸が帰ってきました。

合計5丁です。

さっそく試し挽きをすることに。
a0157159_23214242.jpg
この鋸は 今はもう仕事をしていない千葉の中屋保蔵の鋸。

a0157159_23242622.jpg
なんの手加減もなしで挽くと 夏目の柔らかい部分では 
むしれたようになっているのがわかります。

でも 同じ鋸でも 加減をして挽くと
a0157159_23275722.jpg
柔らかい部分でも すかっと切れているのがわかりますよね?
左側が 普通に挽いたもの
右側が 加減をして挽いたもの です。

さらに 中屋平治作 7寸の鋸だとこうなる。
a0157159_2331241.jpg
一番右が その切り口。
もう 白書きで引いた線と比べるようなレベルです。


中屋熊五郎の鋸でもやってみました。
a0157159_23341869.jpg
これは大工鋸ではなくて 薪か 立ち木などを挽くような鋸。

a0157159_23354360.jpg
切断の精度ではなく 早く切るための鋸なんだと思いますが 
挽いた切り口に500円玉が入りそうです。


キレイに切りたければ 白書(白柿)を使えばいじゃん とお考えの方。
確かにそうかも なんですが それはまた別の理屈が出てきます。
機会があれば それはまた書きます。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-04-22 23:42 | 大工道具 | Comments(0)

シロアリ登場

みなさん おはようございます。
昨日は疲れて寝てしまいましたが
今日 その分早く起きて仕事をしています。

年寄りくさい展開だな。

今日の記事はちょっとキモチ悪い写真を載せますので
ご飯の前には見ないように。



このあいだから 市原の現場で風呂の工事をしていますが
昨日の仕事は土台の修理。

海岸屋が見た範囲では
タイルを張ってつくる普通の風呂場を壊してみると
土台と 窓まわりは腐っていることが多いです。

確立的には90%くらい。
腐った土台はみんな撤去してしまって 新しいものに交換しますが
今回はシロアリがいました。
これです。
a0157159_6124190.jpg
キモチ悪くてすみませんね。

拡大して載せようかと思ったんですが 拡大できない。

シロアリは 見てわかるように蟻とは全然違います。
動きも鈍くて のそのそ這いますし
細長い蜘蛛 といったような二分割した体つきをしています。

(蟻は 頭 胴 腹の 三つでできていますが
蜘蛛とかシロアリは 頭と腹の二つでできている ということ。
わかりましたね? みなさん)

シロアリに欠かせないのは 暗くて湿気のある環境です。
カサカサに乾燥してしまえば そこには来ません。
大金を払って 床下のシロアリ消毒をする必要はあんまりないと思っていますが
こんなふうに現在進行形で住んでいるのは
しょうがないから薬の力も借ります。

a0157159_6252797.jpg
こんなふうにバリバリみんな取っちゃって 新しい土台と交換します。

そのあと薬を塗る。
a0157159_6341148.jpg
真っ黒ですね。
あんまり塗りたくないけど しょうがない。

これからシロアリの巣別れの時期が来ますから
参考にしてください。

うーむ
今日はかなり真面目な内容だったんじゃないかな。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-04-22 06:38 | 工事 | Comments(0)

埋め草のような・・玉鋼の鉋!?

みなさん お疲れ様です。
今日も よくはらたいらさんに3000点(ひとまね)

今日は格別のネタがなくてなんなんですけど この鉋。
a0157159_2258835.jpg
伊達中部履物組合と書いてあって 賞 とも書いてある鉋。
銘は 玉菊。

おそらく 履物組合 というのは 下駄屋などのことではないか
とすれば 日常 鉋を使うことも多く 賞品として送るには
性能 グレード共に 見るべきもののある製品を選んだのではないか。

さらに 玉菊 というのは 田中昭吾さんの父君が
玉鋼を使って鉋を作ったときの銘でもあり
なんだかんだで いい鉋だといいなぁ と思って入手したもの。

火花検査の結果はこれです。
a0157159_2341163.jpg
おお!
白紙の火花をはるかに上回る火花の量と長さ。
これぞ玉鋼の火花!
・・・かどうかは 比べるものがないので判らないんです。 残念。

この鉋も 茂原のかんなやさんに持っていて
台に仕込んでもらおうと思っていたら
10台あまりある台は 自分の店の商品の刃を仕込まなくちゃいけないので
もう 台仕込みは 引き受けられない と宣言されました。
残念。

海岸屋が このあいだ受け取った 梁山泊銘の鉋台が
かんなやさんの 最後の仕込み台になりました。

もっとも 刃だけで置いてあるものを
台に仕込んで店に出す ということは
道具屋自体は しばらくは続ける ということで
一喜一憂 といったところ。

今日はそんなところでした。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-04-20 23:12 | 大工道具 | Comments(10)

震災ボランティア報告

岩手県の釜石にボランティアで行ってきたA君と
今日は 一緒に仕事をしました。

25枚くらいの写真を見せてくれて
いろいろと話を聞きました。

a0157159_23295610.jpg
パソコンにおとして拡大して見ていると 車や建物に印がつけられています。

赤い丸にバツ印
白い丸にバツ印

もちろん倒壊の危険のある建物もあるでしょうし
何度も重複して捜索することを避けるための印なんでしょう。
けれども その印に 区別があるというのは
悲しい区別です。

基礎を残して跡形もなくなってしまった木造家屋
外壁が剥れてしまった鉄骨の建物
地盤沈下で沈み込んでしまった鉄筋コンクリートの建物。

いずれにしろ 地震と津波の前には
どんな建物だとて無事ではありえないようでした。

この写真に写っているゴミの山は
3階の床くらいまではあるようですから6m近い高さがあるのでしょう。
これは 流されてきたものがそこで吹き溜まりのように積もった ということで
この時点では 手付かずの状態だったらしいです。

この規模では 重機を使わなくては 片付けができませんが
中から何が出てくるのか 全くわからない ということになります。

家も失くし
仕事も失くし
家族も失くした人も大勢いることでしょう。

そうやって 自分を確立していたものを
ほとんどなくしてしまった人は
どうやって生きていったらいいのでしょう。

我が事にひきあてて考えてみると
慄然とせずにはいられません。

宗教の力でも 政治の力でも 何でもかまいません。
被災なさった方々の心に 平安と希望がもたらされることを
心からお祈りいたします。

いろいろと相談しましたが
効率よく片付けをするための道具を買って
それを届けて 使い方を教えてくることは出来そうです。

あとは 米などの保存のきく食料はあってもいいし、
味噌 醤油などの調味料が不足しているとの事でした。

仕事の都合をつけて行ってみますが
それまでの間 少し考えてみるつもりです。

by kaiganyafoo | 2011-04-19 23:58 | Comments(2)

田中昭吾の鉋

茂原のかんなやさんに頼んであった鉋を受け取ってきました。
a0157159_2137443.jpg
田中昭吾さんの梁山泊です。
かんなやさんでは 油を塗ってなじみをつけているようですね。
商品だから 汚さないようにしているのかな。

8分の仕込みだったから 刃を鉛筆で黒く塗って
少し削ります。

これはまだ削らないうちの様子。
a0157159_21403755.jpg
鉋台の上端の方はつける
刃口寄りの方はつけない って言ってたけど
こうしてみると確かにそうなってる。

海岸屋は 押さえ溝はしっかりと
刃口の部分は ほどほどに
その他の部分はそっとつく  くらいに考えていた。

だって 刃口のところが接してないと
刃先がびびるような気がするんですよね。

ともかく これはそうはなってない。
うっすらと丸みを帯びた鑿で削っているみたいにも見えるし。

いろいろと不思議です。


で、 梁山泊ですが これはいい鉋ですね。
白紙だという事ですが まあ じきに火花試験もやりますが
相当 永くキレが止まらないんです。
こんな白紙は はじめてです。

今日 仕上げたヒノキの材料のせいなのか
もったりと重い手ごたえなんですが 切れる。

まあ引きが重いのは仕立て 仕込みのせいもあるだろうけど
永く切れるのは 鉋の手柄です。

これで杉が切れればいう事なしなんだけどな。
それも近いうちに試してみなくてはね。


おまけの写真はこれ
a0157159_21585987.jpg
何の花かな?
桜じゃありません。
千葉にはわりと多いんですが これは なしの花です。
a0157159_221122.jpg
ほらね。
幸水だか豊水だか 全然わかりませんが 花は十分きれいですよね。

花も実もある ってのは この事?
え? 違う?
違うか。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-04-18 22:08 | 大工道具 | Comments(0)