海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
どんな自宅に住んでいるか..
by kaiganyafoo at 08:45
何故か 非公開コメントに..
by 余計なお世話かも at 21:07
確かにその方自体は友達で..
by kaiganyafoo at 08:53
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 01:34
通り土間さま 力強いお..
by kaiganyafoo at 01:17
ただいま帰ってまいりまし..
by 余計なお世話かも at 21:06
お疲れ様です。 通りす..
by 通り土間 at 19:42
刻み推しさま 本当に、..
by kaiganyafoo at 23:33
素晴らしい
by 刻み推し at 20:36
スパナさま ありがとうご..
by kaiganyafoo at 00:43
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:シックハウス( 10 )


仲間が亡くなった事を知る日

みなさん こんばんは。

またもや間があいてます。
ブログの更新。
うまくないですな。

ただ 今回の出来事は海岸屋にとっては大事なことで
ここにケリをつけないままで別のことを書いたりするのはどうなんだ 
という思いがありました。
はい
今回の話はおもしろくない。
まとまってもいないしな。



数日前の話、 ある人が亡くなったという連絡を受けて
その後になって その人が亡くなる前後のいきさつを聞いた。
なんでも引越しを機に体調を崩して
そのまま回復することができなかった というようなことらしかった。

海岸屋は20回以上の引越しの経験や
建築屋としての仕事上の興味などから
住環境が人に与える影響の大きさ というものに
人一倍の関心を持っている と思っている。

今回もその話を聞いて シックハウス系の問題か? と思った。
なぜなら海岸屋の見るかぎりそういうケースは実に多いからだ。
改修工事のあと体調を崩す
あるいは新居に移ってまもなく亡くなった など
気をつけていれば 「怪しいケース」 はしょっちゅう耳にする。
そう
時に 「住宅は人を殺す」。
疑い深い目で見ていないと見えてこないけれども。

今回は はたしてどうなのかわからないままではあるけれど
仲間が一人亡くなった ということと
その前後に引越しをしてる ということと
海岸屋はそれになんら関係できていない・・・
「自分の分野」だとかんじているにもかかわらず・・と
これだけ理由が揃えば十分だと思う。
つまり 職務怠慢という事。

そこで皆さん 緊急避難的に申し上げます。
住宅において以下のものにご注意下さい。
ベニヤのフローリング 
壁 天井のビニールクロス
水廻り中心の床のクッションフロアー
シロアリ消毒
以上のものを含む ほとんどの石油化学製品
間違った高気密高断熱
住宅内の動物
除菌材 消臭スプレー 住まいの香水
たばこ
結露とそこからくるカビ    など きりがないのですが
私達の住まいは それだけ危険で異常だということなんです。
人は簡単には死にませんが もろい側面も持っている。
気をつけるに越したことはないんです。



さて
亡くなった方は 建築にもかかわりのある仕事をしていて
良質なものを作り出していて そして前向きでした。
つまり
より良い住環境を作り出すために大事な役割を担っていたのです。
海岸屋が 「仲間」 というのはそういう意味ですが
それなのになぜ という気持ちが残ります。

今度は一緒に仕事しましょう と言った言葉は
もう果たされることはありませんが
それだけに志は引き継ぐしかないのだろうと思います。
それが生きている者の役割なんだろうとも思います。


今日は重い話でしょうがなかったけど
住宅にとって 安全で安心 というのは
いくら言っても言い過ぎではない前提なのは間違いなくて
だけれども ことさらに繰り返して言わなくてはならない事なんだろうとも思いました。

それではまた。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-05-15 21:28 | シックハウス | Comments(0)

体験的ぜんそく作法

みなさん こんにちは
ブログにつづるべきものかどうか 考えたのですが
あまりうまく考えられないので ままよ と書いてしまいます。

もとよりぜんそくの関係者以外には 何の役にも立たない話ですから
読まずにいてください。 では。


あくまでも私の場合なんですが
まず盆地がだめ。

山形市内に住んでいたときはだめ
米沢市内のときもだめ
でも
酒田にいたときは快調(庄内平野)
千葉 東金にきてからはほば快調です。(関東平野)

のみならず
運転免許を合宿で取りにいってた甲府でもダメで
旅行でいく京都も不調
今回 久しぶりに泊まった米沢は一泊目でも気配があります。


もともと小学校高学年時代に住んでいた米沢では不調はなはだしく 
学校の近くの病院に入院してそこから通学していたわけですが
様々な治療を試みて軽快せず 転地療法はどうですか と言われて
千葉に引っ越してきた と言う経緯があります。

そして転居してまもなくのころは相変わらずの不調でしたが
小学校を卒業して中学生になり 新しい医者と巡り合ったころから
快方に向かいました。

ですから 詳しく言えば
転地療法
加齢
相性のいい医者との出会い といういくつかの要素がありまいたので
転地だけが効果をもたらした とは決していえません。

第一 なぜ盆地に住むことが不調をもたらすのか
それ自体が私にもわからないのです。
空気が滞留している とか
気圧の関係とか いくらか考えましたが正直不明のままです。

ですが その後 短期間ではあっても盆地に滞在した際の不調などを考えると
少なくとも私には 意味のあることだと思えます。

それまで 体力的には半人前にも達してなかった自分が
底辺ではあっても同じ枠の中で友人達と過ごせるということは
生まれ変わったほどの変化を自分にもたらしたからです。

誰にとっても転居 転校というものは
そう簡単なことではありません。
ですが ぜんそくに苦しむ者にとっては
症状が軽快することこそが人生の最大の願いです。
もし血縁の者がぜんそくであって盆地に住んでいたとすれば
私はかならず転地療法を勧めると思います。


居住する場所 という大枠から話をはじめましたが
当然 空気の悪いところもぜんそくには不向きです。

千葉の市原市五井付近 という臨海工業地帯に住み
排気ガスを浴びるトラック運転手をしていたときに
ぜんそくを再発させた私はそのいい例だと思います。


これ以降 私の仕事である住宅について
それから食べ物や生活などについて
少しづつ書いていこうと思います。
それらの生活全般と医学的治療とを組み合わせれば
ぜんそくはコントロールしつつ 普通にくらせる病気だと思いますから。 

by kaiganyafoo | 2012-10-07 21:15 | シックハウス | Comments(2)

車の中がくさい

みなさん 三連休の最終日です。
いかがお過ごしですか。

海岸屋は仕事でしたが
道がすいていて いいあんばいでした。
ただ
雨が降ったりやんだり という気まぐれな天気だったので
トラックでは都合が悪くて キャラバンに乗ってました。


さて
このキャラバン
譲っていただいたばっかりですが
一つ困ったことがある。
ええ
匂いなんです。

かなり強いタバコの匂いと
それから芳香剤の匂い。
いつもドアや窓を開けておいても
消臭材を入れておいても なかなか・・
 

海岸屋は 自称化学物質過敏症ですから
こんな匂いは一番こたえます。
背中から肩 首筋が引きつれてきて
目の奥 やがて頭痛がやってきます。
以前譲ってもらった車も 大丈夫になるまでかなりかかりました。

で これを試してみようかと。
a0157159_20335230.jpg
長男のお勧めです。
単三電池4本と なんかジェルをセットして スイッチを入れます。
ジェルの成分が空気中で匂いの成分と合体して 無効化するの・・・・だったかな?

問題は匂いというより
空気中の成分なんでしょう。
たとえ匂いがしなくても有毒だ ということはありますもんね。

さあ
吉とでるかさもなくば裏目にでるか
明日の夕方には判明していることでありましょう。

ええ
海岸屋は キンチョー〇とか 蚊取り線香もダメなんですよ。
誰ですか ハエやカと同レベルだからだなんて言う人は。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-09-17 20:44 | シックハウス | Comments(8)

材木の薬剤処理

みなさん お疲れ様です。
今日の千葉はいい天気で あたたかでした。

ツーバイフォーのお宅の和室に
サクラのムク材を張るという仕事で
夕方からは 東京で勉強会。

そこで聞いたのが まあ いろいろあったんですが
海岸屋が気になったのは 薬剤の話。

林業 製材業の方の話だったんですが。

ロシアからの150年生の松を輸入して山形の酒田港にあげて
港でシートをかけて青酸ガスで燻蒸したものを製材所に運んで・・とか
その松はロシアですでに防カビのために薬剤処理がしてあって・・とか
実際に仕事をしていた人の話ですからね。
うーん。

海岸屋も下地材として ロシアの赤松とか
バイカルとか言われているものを使いますから他人事じゃないです。

真夏に米松の鉋掛けをすると きまって頭が痛くなるので
もしやこれは何らかの薬では?と思って調べたことがあるのを思い出しました。
はっきりとはわからなかったんですけどね。

薬剤処理していない輸入材はないのか ということと
国産材でも処理をすることがあるのか ということを聞きましたが
あんまり望ましくない答えが返ってきました。

林業 製材業の人と親しくなって 信頼関係を結ぶことですね といわれて
海岸屋が いつもお客さんに言うことと同じだなあ とは思ったんですが
心細い気持ちになりました。

木材のトレーサビリティの話 ということに尽きますが
信頼できるデータベースがあればなあ と痛感しました。

誰かスポンサーのない仕事
木材版の暮らしの手帳みたいなことをやりませんか。
微力ながら海岸屋は助太刀しますけど。

え?
自分でやれ?
たしかにそれが王道なんですけど
うーん
難しい問題だなぁ・・・

by kaiganyafoo | 2011-11-12 23:54 | シックハウス | Comments(0)

片付け

今日の千葉はシトシトと雨の降る一日でした。

出かける用事もないし
格闘していた見積もりも設計屋さんに送ったし
・・・というわけで片付けをしました。

自宅の部屋でデスクワークをしていましたが
それを事務所に移した後は けっこう悲惨な散らかり具合 だったんで。

作業服を着て 
マスクをつけて。

海岸屋はぜんそく持ちですので ホコリは大敵。

大工さんの仕事はほこりっぽいことがつきものでは?
そうお思いのアナタ
正解です。

でもワタシが苦手なのは 家のホコリ
例えば 
押入れの中とか
ベッドの下とか

たぶん ハウスダストとよばれるもので
カビ だとか ダニだとかがよくないのかもしれません。

会社の資料が2割
本が7割
あとの1割はゴミでした。

ゴミはすっかり捨てて
会社の資料も整理して・・・
あとは本ですが・・・  これはねぇ・・
もう読まないだろうという本は何十冊か出したんですが
焼け石に水・・ですか。

まあ掃除機をかけて
拭き掃除をしたから ホコリはぐっと減っただろうけどね。

というわけなんですが あんまり愛想がないんで銀座の写真。
a0157159_22142044.jpg
これって クリスマス用の飾りつけなんかなぁ?

これはシャネル
a0157159_22163152.jpg
ショーウインドーには もーのすごいエッチな格好をした人形が並んでました。
えー? 写真はムリ。
恥ずかしくて撮れないっすね。
a0157159_22191271.jpg
これはブルガリっすか。
a0157159_22201179.jpg
ティファニー?
今のビルはガラスばやりだねぇ・・

強化ガラスの技術と それを取り付ける技術が進んだんだっけかな?
目新しいことをやりたがる建築家は多いだろうからね。

でも海岸屋が銀座に行くと いつも行くのはここ
a0157159_2223862.jpg
伊東屋です。
でっかい文房具屋さんですよ。

銀座といったらクラブ  だったりはしませんねぇ。
そんな工務店のオヤジは きっとワルモノだからね。
うん
負け惜しみじゃないよ。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-11-06 22:27 | シックハウス | Comments(0)

ちょっとおやすみ

いやいやいや
みなさんお疲れ様です。

海岸屋は1日半くらいダウンしていました。
残念。

理由をいろいろと考えたんですが
どうも床下に潜ったのがいけなかったらしい。

和室の床板をめくって床下をのぞいたときに
薬剤散布の道具が置いてあって
「これは天敵がいるわい」 と思ったんですが・・。

中一日おいて具合が悪くなったのが不思議ですが
それ以外は思い当たるふしもなく
服 体 寝床 をすっかりきれいにしたら
もう大丈夫。

ますますあやしいな 床下。

昨日 今日とへたばっているあいだにも
現場は進んでいきます。

複雑怪奇な屋根の現場も
風呂の土台が腐っている上に台所のシロアリが発見された現場も
年越しが決定したエコ住宅も
えーい どんと来いだ!(ヤケクソ気味)

あのかつてないほどの分量の仕事を
ほぼ完全にクリアできたことだけで
今年は十分ですな。
ああ 
思い出すだけで恐ろしい。

職方のみなさん ありがとうございました。
おかげさまで なんとか山場を越しました。
海岸屋、ふーです。
え?面白くない? ちぇっ

by kaiganyafoo | 2010-12-25 22:22 | シックハウス | Comments(2)

アレルギーの専門家

県立病院のアレルギー外来に行って
医者に診てもらいました。

といっても 問診だけ。
聴診器もあてないし
血圧も測らないし
なんの検査もしない。

でも得るものは多かったな。

海岸屋は子どものころからの喘息もちだから
医学の進歩 というか
治療技術の向上というのを見てきた。

アレルギーの分野でも
スタンダードが変わってきた部分があるようだ。

今回 海岸屋が診てもらった先生は
化学物質過敏症については 慎重 というか
懐疑的な見解を持っていたようだった。

たとえば 
化学物質に接したときの反応というのは一律で
仮に 青酸カリを飲めば その反応は決まっている。
とか
本当に怖いのは 化学物質じゃなくて
自然界にある物質です
とか いった風に。

本題は 薬物による反応だったから
その話はおまけみたいなもんだったけど
医者の考え方 というものを知るためには
いい機会だったな。

住む人の健康に貢献する とまではいかなくても
有害ではないこと に留意するのは大切だと思っているけど
建築屋が書いた いろんな本を読んでも
そこのところはいいかげんな事が多い。

俺はこうしてきた とか。
思い込みが過ぎるものとか。

海岸屋の親方も 断熱材に関しては
グラスウールはダメだけど スタイロフォームはいい
とか言ってたもんな。
たぶん 根拠はなかったと思う。

海岸屋は むしろ逆じゃないかな と思ってたけど
それだって 石油化学製品を自分が嫌い という
なかなかに薄弱な根拠しかなかったもんな。

お客さんが一生かかって払うような大金を預かるんだし
建築屋の責任の重さは大変なものがある。
自分の現場で使う材料を選ぶこと 一つとっても
まだまだ判らないことも多いんだし
勉強しなくちゃいけない と思わされた一日でした。

by kaiganyafoo | 2010-07-01 22:32 | シックハウス | Comments(0)

化学物質過敏症・・・

うーん
7月だってのになぁ・・

しばらく前から歯医者に通ってんだけど
なかなか難しい。

一回目の治療で 麻酔して神経抜いたけど
そのあと 具合が悪くなったから 
二回目の治療のとき 先生に こうだったよ って説明したんだな。
そしたら 内科かなんかの医者に行った方がいい って言われて
それからじゃないと 歯の治療が続けられないって言うんだ。

まぁね
理屈はわかるよ

医者だって 不具合が出れば 訴えられたりするらしいから。
でもなー

海岸屋のこの持病は 医者にもよくわかんないんだよねぇ・・
大体 化学物質過敏症だろうって 自分じゃ思ってるんだけど
それは ちゃんとした病気として 認められてないって話も聞いたことがある。

頭痛がするから CT撮ったり
腕がいいって先生に脳波とってもらったり
まぁ いろいろ試してんだよねぇ  
でも 何にもわかんない。

そんなもんさ

医者が人間の体を観ても
判ることよりわかんないことのほうが ずっと多いよね。

案の定 内科の先生は
「私には 全然わかりませんねー」って言うばかり。
県立病院のアレルギー外来に行けってさ。

だけどな 先生
患者の顔もほとんど見ないまま
パソコンに俺のせりふを打ち込んでても
病気はなおせないと思うぞ。

人をみろ
人を。

ってなぁ・・
現場のことしかわかんなくて
施主と打ち合わせするのが苦手だ って言ってる者が
言うせりふじゃ・・・ないよなぁあ・・

ベニヤやペンキやビニールクロス
シロアリ消毒や防腐剤 新建材 塩ビ

じつは海岸屋はみんな苦手です。

それだけじゃなくて

タバコの煙 電車の中 ショッピングセンターや ホームセンター
化粧品や 消臭剤 芳香剤 蚊取り線香 殺虫剤

なんかも天敵です。

な?
化学物質過敏症っぽいだろ?

ま、そんなものを使わない家を建てようって事だよ。
海岸屋にできることはさ。

弱い人たち(環境面で ということだけど)にとって やさしい家っていうのは
強い人たちにとっても やっぱりやさしいに決まってんだからな。

で 体が強い って言う人の中の何割かは
鈍いだけなんだな。
強いのと 鈍いのは 一見 よく似てるんだよ。

ダメージは同じだけ受けるんだよね。

だから できるだけ体に害のない素材で
家を建てたいんだ。
例え お上が大丈夫って言っても 
そんなものがあてにならないことぐらい 証明済みだしね。

さて 県立病院のアレルギー外来に行ってくるか・・。
どうなんだ それ。
はやってないらしいし。

by kaiganyafoo | 2010-07-01 10:01 | シックハウス | Comments(0)

シックハウスを教えてくれた合鴨

シックハウスの話ですが のっけから脱線。

10年以上前に合鴨(アイガモ)を飼っていたことがある。
農家が合鴨農法で飼ったものを
食べてくれ といわれて貰った。

しめるのを一日遅らせたら その隙に
当時 幼稚園くらいだった子ども達が 名前をつけた
名前をつけたからには 食料ではなく ペットだろうと
ずーっと飼っていた。
次の年にも一羽貰って そいつは古株にいじめられていたけど
冬がくるとみるみる色が変わって オスだということが判明した。
そしてヒナが生まれた。

ほとんど放任で飼っていたものの
ヒナはあまりに小さくて
犬や猫や蛇などが 跋扈する世間には 置いておけないと
箱入りヒナにすることとした。

これが間違いのはじまり。

当時、自宅を建てていたので
そこの二階の一角を仕切って 飼った。
ありあわせの石膏ボードを敷いておいたのが
じきに濡れて (合鴨は水が必要なんです)腐ってしまったので
ベニヤに換えた。

すると数日もしないうちに ヒナ達に変化があらわれた
エサをたべない。
動きたがらない
立つと ふらふらしている
目が (正確には 二枚目のまぶた)白濁している

なにがおきたのかわからずに 地面におろしたが
多少 回復したかに見えたのもつかのま
一羽を残して 皆 死んでしまった。

死因が知りたくて 解剖したが
なんの原因もつかめない。
ただ、
元気だったときと 具合が悪くなりはじめたときと
たった一つの違いは ベニヤ。

私は昔からベニヤが嫌いだったけど
このときから 本格的に嫌いになった。

というよりは 好き嫌いを離れて
毒性のある ダメなものだ と思うようになった。

でも、そのほかにも ダメな材料はたくさんある。
設計や 工法や 技術以前に 気をつけなくちゃいけないことが
たくさんある。

シックハウスが 法として施行されたのは それからずっと後のこと。

by kaiganyafoo | 2010-02-03 21:05 | シックハウス | Comments(0)

基礎工事が原因のシックハウス?

もうじき上棟です。

この基礎はベタ基礎といって
最近の住宅では主流になっています。
a0157159_0202743.jpg

使われる鉄筋も太くなってきているし
ピッチも細かくなってきています。
ですから、以前よりも単価が25%程度上がってきました。

もちろん、その分丈夫になってきているんですが、
過信は禁物。

去年内装リフォームをさせていただいたお宅は
このベタ基礎で、さらに地盤改良工事もしていたのに
最大で9cm以上傾いていました。

まだ築2年あまりだったので
クレーム対応で基礎と地盤改良を全部やりなおす といった
大規模修理工事をしてもらったんです。

そしたら そこの奥さんのめまいがなおったんです。
まさか 新築の自宅が傾いているなどとは 思わなかったんでしょう。
散歩に出たり 庭仕事をすると めまいがおさまるなぁ とは感じていたらしいんですが。

これって
一種のシックハウスですよね。

by kaiganyafoo | 2010-01-06 00:28 | シックハウス | Comments(0)