海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
これは砥石が柔らかいから..
by kaiganyafoo at 22:01
先日、初めて縦研ぎで 鑿..
by 余計なお世話かも at 21:24
ブログへの コメント あ..
by soken-t at 00:52
soken-tさま こ..
by kaiganyafoo at 20:03
丁寧な 回答 ありがとう..
by soken-t at 13:45
soken-tさま は..
by kaiganyafoo at 23:45
初めて コメント させて..
by soken-t at 21:09
ありがとうございます! ..
by kaiganyafoo at 00:33
技秀の刃は標準刃でも逆目..
by toshikane at 22:08
tosikaneさん ..
by kaiganyafoo at 18:55
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:大工道具( 121 )


クランプとか替刃の鉋とか

みなさん おつかれさまです。




クランプが揃いました。
a0157159_21213538.jpg

これさえあれば百人力です。
どう使うのかというと・・・
これはこういう板を
a0157159_21244858.jpg

こういうふうにまっすぐに削って
a0157159_21255339.jpg

3枚の板を1枚にしたりするために使います。
a0157159_21284096.jpg


簡単でしょ?
海岸屋もそう思ってた。

と こ ろ が・・・・

写真で一番左側の赤っぽい杉。
これがヤバい奴だった。

びっくりするくらい逆目が立ちます。
特に木裏。
現場に持ち込んで目違い払ってムラ取りをして・・・と
たった30cmを仕上げるまでに半日かかりました。

やれやれ・・

そうしたらそこにいたY大工さんが
「〇〇 という替刃の鉋は 逆目の材でもあっさり仕上げますよ。」 と言うのです。
ふむ。
たしかに海岸屋も以前、名人の建具屋さんが
「この〇〇って鉋は替刃だけど不思議に逆目を止めるんだよね」
 と言ってたのを覚えてます。

そう言われると気になるじゃないですか。

はい
替刃の鉋 購入。
ポチっと。 (ええ そんじょそこらの道具屋さんには替刃の鉋だって並んでませんぜ)

さあ
これです。
a0157159_21414310.jpg


刃先はこうなってる。
a0157159_21434713.jpg
研磨機で研いだ という風情ですね。
普通だ。

はい。裏。
a0157159_21451223.jpg
わかりますか?
裏は刃先がガタッとなってる。(その言い方! 子どもか!)

つまり裏座を詰めた形に元から作ってあるんですね。
でもさ、 これって詰まってますか?
海岸屋のイメージだと、普通の鉋でも詰めるときはもっと詰めてる・・・よね?皆さん。

ふうむ・・・
研究の結果、このくらいが適正と判断したんでしょうね、きっと。

さて、それでは逆目はどうか。
引いてみました。
a0157159_2155372.jpg
鉋屑に穴があいてますね?
そこが逆目だったところ。
止まってます、一応。

ただ、重い!
スゲー重い。
そしてツヤはないです。

試しに神代ケヤキを仕上げてみました。
a0157159_2159104.jpg
どのくらいかって、 まあこれくらいです。(子供か!)

永切れはするようです。
仕上がりは75点くらいか。
ただ、ケヤキの中でも神代は難しい方でしょうから・・・

普通の鉋でやればもっときれいに仕上がりますよね?
でも時間がすごくかかっちゃう。
うーん・・



海岸屋は替刃の鉋ってはじめて使いました。
これ以外にもいろんなメーカーがあるようで それぞれに性能が違うんでしょうね。
急ぎ仕事には重宝するかもしれません。

ただ、杉でも重かったくらいですから
ケヤキだとかなりの負担です。
肘にきました。

ま、ケヤキが神代なだけに肘の被害も甚大だ ということで。
・・・・・
これが一番切れが悪い・・・
やれやれ

by kaiganyafoo | 2016-07-25 22:11 | 大工道具 | Comments(8)

そしてダメ押し ノコギリの世界

みなさん おつかれさまです。


千葉 外房 数日雨でした。
a0157159_20244546.jpg
海岸屋の庭先では ヒノキの板を雨に打たせている。

材木は立てたほうが乾く
そしてさかさまにしたほうが乾く
さらに雨に打たせたほうがもっと早く乾く
OK?
良い子の皆さんは憶えておいてね。


これは屋根のはじっこ 破風(はふ)にする材料。
まー
今から言っときますけど 立派な破風になりますぜ。
(ハードルを上げるのヤメテ と大工さんに言われたけども)





さてもうほとんどいやがらせ
ダメ押しノコの話。
これ。
a0157159_20335887.jpg
左から8寸 9寸 尺 尺一  というサイズです。

海岸屋の手が写っているのは これチョーダイ と言ってるわけではなくて
比較するため。

ノコギリって実際測ってみると呼び寸法よりも短いんです。
だから一番左の8寸の鋸は、歯のついてる部分って8寸ない。
小さいよね。

大工さんは8寸鋸で 造作仕事、 例えば鴨居を取り付けたりします。
小さい鋸って、精密な仕事をするためにあるんですね。
今は和室がすっごく減ってるから あんまり出番がないかも です。

その隣りの9寸は中くらいです。
わりと何にでも使う。
キザミ仕事 と言って 構造材の加工に使うこともあるけど
「そんな小さい鋸でチマチマやってちゃダメだ」 などと言われることもあり・・
造作にも、ちょっと大きいけど普通に使えます。

で、その隣りは尺ノコ。
刻み仕事では大活躍します。
この鋸で能率よくバリバリ刻んで、しかも精度も高い・・ってのが理想ですかね。
今の刻み仕事って、材料はみんな四角に製材したものばっかり使うし、
そんなにバカでっかいものも使わないから、これがあれば十分間に合います。
(曲がったのも丸いのも使えって話だけども)

ですから、それよりも大きい尺一 (しゃくいち って読んでね。)ともなると
さあ・・どんな仕事で使うかなぁ・・ というくらいです。
ふっとい松の丸太の梁 とかですかね? 


もっと精密な仕事をするんでしたら7寸って鋸もあるし
ノコ身が薄くてへなへなするから背金で支えてる胴付き鋸ってのもある。
建具屋さんとかが使うイメージですね。

こんなのもあります。
a0157159_2116735.jpg
畔挽き鋸(あぜひきのこ)。
障子とかふすまのところに鴨居ってあるけど、(上のほうのヤツね)
そのミゾを作る専用の鋸。

ミゾの右側挽いて
左側挽いて
鑿であらかた掘って
脇取り鉋と底取り鉋で仕上げて・・  と昔の鴨居は手間かかってますな。

両刃のタイプもあるけど、これは片刃。 縦挽き。

今は電気の丸ノコがあるから 全く使い道がないです。
(じゃあなんで持ってんだよ!)

ま ま ま
ノコギリの話も思えばいろいろとあります。
地元千葉の鋸 房州鋸の系譜とか。
(はい 誰も読まない)
どうやったらノコ挽きがうまくなるか の練習とか
(はい 誰も読まないⅡ)




そんな鋸でやってる刻み仕事。
a0157159_8192074.jpg
a0157159_8194274.jpg
今の海岸屋の戦場。

by kaiganyafoo | 2016-05-09 21:16 | 大工道具 | Comments(2)

ノコギリ拾遺

いやいやいや
みなさんどうも。


自宅でグレープフルーツを収穫したりなんかしてる海岸屋です。
半袖でやったら傷だらけになっちゃった。
不死身の杉元・・・ほどじゃないな。
これ。
a0157159_186892.jpg

ブドウのようですか?
生りすぎなんじゃないの、っていうくらいに生りますけど。

花の香りはジャスミンに似てるかな。
a0157159_1871270.jpg






さてノコギリの話。
しつこくて申し訳ないな。

まず、目立てですがね。
昔、職人は鋸の目立てを自分でやった と言います。
こんなふうに。
a0157159_1874398.jpg

これって何をしてるかというと「上目を擦って」いる。
刀で言ったら、切っ先(だけ)を研いでいる、とでも言うのかな?
鋸は主にその部分で木を切ってますからね。
すると切れは回復する。

でも極端な話、何回も上目を摺ると鋸の刃のギザギザが小さくなっちゃいますよね?
アサリも少なくなってくる。
そうすると、本職の目立て屋さんに出して「擦り込み」をやって
刃の大きさを回復してもらうんですね。
そのとき、アサリも出してもらうし、ノコギリ全体がゆがんでいたり 「コシ」が抜けていたりしたらなおしてもらったりもします。
もっと言えば、ノコ身が折れちゃったり大きく欠けたりしたものを溶接するとか
横挽きばっかり減っちゃったら横挽きと縦挽きをチェンジしてもらったりもできます。
さすが本職、ってかんじですよね。

大工が使う道具のなかで、鋸だけがほかのものと違うのはそこなんです。
鑿や鉋はこんなことはない。

今、ほとんどの大工さんが替え刃の鋸を使っているわけは
身近な目立て屋さんがみんな廃業してしまったから というのもあります。
(もちろん他の理由もある)
海岸屋に言わせれば、目立て屋さんくらいひどい目にあった商売もないと思いますよ。

想像でモノを言いますが、おそらく全国の目立て屋さんは
もーのすごいイキオイで減ってるか、
もう減るだけ減っていなくなってるかどっちかだと思います。
そして 
それが下げ止まるのか、それとも全滅するのか、 それは海岸屋にはわかりません。
もし全滅したら、持ってる手鋸は全部ゴミに等しいものになります。
ヤバい。

例えば 昔は小さな町にもたいていいた個人の技術職、
和服 洋服の仕立て屋だったり 下駄屋だったり ハンコ屋だったり
そんな人たちと同じように目立て屋もいました。
でもほぼ全滅。
誰かいますか? 最近、そんな職人に何かを 「誂え」 させた方。
いませんでしょ? (決めつけ)

ある程度少なくなると お客さんの視野に入らなくなるんですね。
選択肢に入ってない。


さて そこでだ。 (みなさんお立合い とか言いそうだ)
手仕事の良さを見直しませんかね。

手間を省くこと 合理的とかいう安い言葉を疑ってさ、
手間をかけることの豊かさを欲しがってみませんか とか。
(コピーライターの才はありませんよ ええ ダメは承知)


だってさぁ
このあいだ呼んでもらったバーベキュー。
a0157159_18592329.jpg

焼いてるものは、サザエ、ハマグリ、カツオ・・さすが外房・・じゃなくて
参加したメンバーが、ギャラリーオーナー(作家を探すのが天職)と、
手作り靴を作る人と、木工作家と陶芸家(など)のご夫婦と ・・・とかですよ?
あとは手仕事屋の海岸屋一味だ。
ね?
今はそんな時代。 (そんなのアンタのまわりだけ とか言うの禁止)

目立て屋さんの仕事だって すごく大事だし とてもクリエイティブだと思うけど
残念ながら わかりにくい。
いい鋸をちゃんと目立てしたときの具合の良さとか
目立て仕事の奥深さ とか
たぶん 知ってる人がすごく少なくなってるし、(本職でも です。)
その仕事の将来を信じることができなくなってるように思います。(当事者でも です。)

だから、誰かそこを広めて下さい。
この前も言いましたけど、日本の鋸は世界一なんです。
もちろん、それを手入れする目立ての技術もね。

こんな話をする海岸屋のキモチは グレープフルーツを皮ごと食ったほど苦いですよ。
そこのアナタ、強引なオチとか言ってますが、
半袖で収穫したから腕が傷だらけだけど、目立て屋さんの心の方がもっと傷だらけだぁ。
どうだ。


ふー
体が利かなくなると口が達者になるってホントだな。
やれやれ。

ではまた。

by kaiganyafoo | 2016-05-09 19:24 | 大工道具 | Comments(1)

平治さんの鋸 その後

みなさん おつかれさまです。

このあいだ水戸を往復しましたが
そのあいだずーっと落語を聞いていましたので、
頭の中が 志ん生、志ん朝、円生の三つどもえです。
さあ、ここに割って入るのは誰でしょうか、志の輔?(落語知らない人はごめんね)





さて、刻み仕事にかこつけて中屋平治さんの片刃の尺ノコを買った海岸屋ですが
嬉しさ余ってブログに書いたものの、誰も読まないと思って記事は控えめ。
しかし・・・
続きが読みたいという奇特な方がいらっしゃるんだねぇ・・
よっしゃがってんだ、まかしておくんなせえ。(ここ三木助ふうにお願いします。)




さて、平治さんの鋸
a0157159_19503373.jpg
これは尺の片刃、横挽きです。
できあがってこうして見ればわからない。

わからない?
そう、わからないんです。



もちろん、鋸をつくる鍛冶屋さんが 関東にはもうほとんどいないとか
産地とされている新潟脇野町でも廃業が相次いでいるとか
そんな時代にこうした鋸が作られていること
それをたぶん、誰も知らないと思います。
a0157159_2365630.jpg
こうした、と言うのはコレ 鍛冶場 というよりも火事場から拾ってきたような、
これは鋸の原型。
コレがアレになるんです。 マジ?

実際に見てみればわかりますが、厚みは厚く
反り返って ねじれています。
まるでスルメのようでもある。
今はもうこれを誰も見ることがない。 
鋸の産地の人さえも。
ではなぜ。

例えば鉋ですが、薄い鋼を鍛接したものよりも
5分角をつぶして作ったものの方が切れる鉋になる 
そんな話を聞いたことがある方もいるでしょう。

「やっぱり叩いたものの方が切れるんじゃないですか?」 と平治さんはおっしゃる。
うーーーーーん
かっこよくないですか?

昔はね、みんなこうやって作っていたんです。
今は省力化が進んで・・・もう誰もこれが出来なくなっています。
はい
鍛造の鋸を作り続けているのは 切れる鋸を作るためなんですね。


さて
自分の話に自分で水を差すようですが
そんな姿勢で作り続けている道具に世の中の大工さん達はどう評価したのでしょうか。
言うまでもなく替刃の鋸が全盛の時代です。

大工じゃない皆さんもヒゲを剃るときは替刃の剃刀を使いませんか?
従来、剃刀は剃刀鍛冶が
あるいは釘は釘鍛冶が作っていた時代があって
それらはすべて過去のものとなっていったわけですが
のこぎり という文化もそのあとをたどっていくのでしょうか。

海岸屋は 日本の鋸というものは世界で一番すぐれていると思っていますが
それを誰一人として評価しないことも知っています。
ためしに 「鋸」 というテーマで検索してみて下さい。
流通している本は3~4冊しか見つからないはずです。
つまり、
伝統や文化を殺すのは無関心だとすれば
すでに鋸はずっと前からそんな世界で生きてきているわけです。

・・・とまあ
いつもの愚痴をぶちかましてからじゃないと話ができないのか という
老人性の症状全開なわけですが、あーたここをおさえておかないとげゲフンゲフン
ま、
話が鋸だけに押したり引いたりするわけですがな。
え 引いてない?
引いてるのは読んでる皆さんだって?
それは失礼。
言いたいことだけ言って言い逃げの気配を出しつつ
またこんどね。
では。

by kaiganyafoo | 2016-05-08 01:22 | 大工道具 | Comments(2)

中屋平治さんの鋸

みなさん おつかれさまです。



このあいだ 地元、東金有料道路で覆面パトカーを抜きそうになった海岸屋です。
ええ、みなさんご存じの白いク〇ウン。

快調に走っていて二台まとめて抜きかけて 
ん!クラ〇ンだ!!
あれれれれ? これはもしかして・・ としばらく併走(!)して
いやー これはやっぱり抜けないべー   とジリジリさがって後ろにつきました。

すぐそのあと 元気よく抜いて行ってたちまち捕まった方、ご愁傷様です。
ふー
やれやれ。

車番はいちろくななにーだったかな。





さて
墨付け、加工は続いております。
なかなかに順調(一部に誇大な表示が含まれます。)

老眼で暗いのに弱いから照明を増設したり、
a0157159_20523820.jpg

下向いて刻むと老眼鏡がゆれる と言っては耳掛け(?)買ってもらったり、
a0157159_2053787.jpg

風邪ひいて熱出している幼児並みです。(意味不明です)
桃の缶詰が食べたいです。(ウソです。)

そして。
刻み仕事をやってる今!!
今、これを買わずしていつ買う!
と、(ひそかに)決意して買ったのが これ。
a0157159_1812271.jpg
水戸の鋸鍛冶、中屋平治さんの尺ノコ。
片刃ですぜー  うへへへ(変態)


ずーっと前、海岸屋が下請け仕事でウハウハだったころ、(下品)
9寸の片刃は縦と横とを作ってもらいました。
だからあとは8寸の縦と横があればいいだけだね。(だけ?)

ただ・・
平治さんの店に行っていろいろ話を聞くと
まぁ、なかなか難しいです。 ノコギリってやつは。
何かどう難しいのかは、長ーい話になるのでまたこんどね。
ではでは。

by kaiganyafoo | 2016-05-06 18:51 | 大工道具 | Comments(2)

玉鋼を書いてみた件

みなさん おつかれさまです。


今年はまじめに仕事をするぞ (今年は?って何だ?) 
と決意を新たにしている海岸屋ですが、風邪がすっきりしません。(ダメじゃん)
みなさん
今年の風邪はバカでも見境なしにかかりますのでご用心。
このブログをお読みになっているほどの教養あふれた、かつ高貴な方々は関係ないと思いますが。





さて、多少道具好きなところもないでもない海岸屋なんですが
その流れで玉鋼にも興味があります。

「玉鋼の道具がびっくりするほど切れた!」 りしたら面白いなぁ とか。
まあ
びっくりって、びっくりするくらいの少数の人しか同意してくれてない気配は伝わっては来てるんですが、それにもめげずこんなものを書かせていただきました。
a0157159_20491895.jpg
玉鋼についてのあれこれ でございます。

やー
他人様の土俵でモノを語るのは難しいね。
よっしゃやらせていただきましょう 的なノリで受けましたがなかなかに苦労しました。
本一冊書いたりする人は偉いねぇ・・
いかに海岸屋が日頃このブログでテキトーな無駄口を・・げふんげふん。
と、とにかくタメになりました。

わけあって今年は道具をまじめに使わなくちゃいけないらしいので
それ系のネタが増えそうな予感がいたします。
建築業界以外の方にとっては面白くない話かもしれませんが
ナニモノカの意味はあると思いますのでよろしくお願いいたしますね。

さて おまけの写真は文房具屋さん関連。
a0157159_21125234.jpg
銀座の伊東屋さんですね。

改装を終えてから初めて行ったんですが、オシャレになってました。
狭くもない店内なのにさらにぎゅうぎゅう詰まった文房具 という昔の伊東屋さんがけっこう好きだったのでちょっと残念。
ではまた。

by kaiganyafoo | 2016-01-11 21:23 | 大工道具 | Comments(2)

君の丸ノコは燃えているか?

みなさん おつかれさまです。




朝方 仕事に出かけていくときにたまに母親とすれ違うと
かなり全開で手を振ってくれるんですな。
まあ
ちゃんと振り返しますよ。
でもなー 56才の息子(俺おれ)に手を振る81才の母親・・
どんな光景だ。




さて丸ノコ。
このあいだ、ヒノキを割いてクサビを作っているときに異音が発生した。
ガラガラいう音。

まあ ベースが曲がったのか、定規をかけて切ると渋くなったりしてたので
修理ってやつをしてみようかな と思って買った店に持ってった。
で、見積もりは2万円。
はー
買うほどかかるね。
でも 物は試しとやってみた。 帰ってきた。
これ。
a0157159_2101386.jpg

でもね、新品の刃をつけて切ってみたけど
すっごいバリが出るんだよ。
店から日立に電話をしてもらって修理の人と話したときも
なんだか全然要領を得ない会話でしまいには一方的に切れたし。
使い物にならない丸ノコ
a0157159_2161440.jpg
海岸屋は道具を捨てたりすることはほとんどないけど
これはどうしたらいいのか。
あまり贅沢は言わないけどバリが出なくなる方法はないのかな。



深切り丸ノコはもういらないや と思って買ったのはこれ。
一番手前。
a0157159_218132.jpg

一番向こうのマキタは何だ?
実は縦引き専用。
a0157159_2111017.jpg
昔、長勝さんに貰った刃をつけてある。
歯が8枚しかない。
これでゆっくり挽けばモーターは焼けないみたいだね。

でも、ホント、電子だとか深切りだとかいらない。
ベースが丈夫で、深さ決めと傾斜決めの微調整ができる丸ノコ
そんなのがあったらいいなぁ。
あったら教えて。



おまけの写真は天使の写真。
a0157159_21213971.jpg
東京に行けば会えます。
ではまた。

by kaiganyafoo | 2015-11-04 21:25 | 大工道具 | Comments(6)

ハツリの練習(をしたんだった)

みなさん おつかれさまです。


どこかのマンションが傾いたらしいっすね。
むー
マンションの改装の話が来てたんですが
そこの自治会が建て替え路線になったらしく
まあ、おかげ様で無期延期 (中止だ) になりました。
ちーん。





さて、ずいぶん時間がたったネタがたくさんあるんですが
今日の掘り出し物(?)はハツリネタ。
これ。
a0157159_20312399.jpg
まー 相変わらずなっちゃいないねぇ。
ハツッた跡が九十九里の荒波のよう・・・さすが外房。(違う)

これがお手本
a0157159_20371761.jpg
いやー
やっぱうまいわ〇野君。
第一、海岸屋はこんな細い丸太に乗ってられないもの。(そこからか!)

と、2tダンプ登場。 DAIA・・・?N
はい、 新潟の親方登場。
a0157159_210379.jpg
振ってるのは海岸屋のつんぼ銘の大工鉞。
こっちも。
a0157159_2175493.jpg
やっぱうまいよねぇ。
でもすぐ脱線してしまった・・・
a0157159_2173878.jpg
親方命名だったなんて知らなかった。
使ってみたいなぁ・・
海岸屋が持ってる玉鋼で鉋作ってもらいたいし。

西〇君の重たいハツリを借りて振ってみた。
a0157159_2171362.jpg

やームリ もー ムリ。
全然ムリ。
(刃の角度とか柄のすげ方とか全部違うし振る角度も急には変えられないけどそれから重さも・・以下20行省略)



ここではつっている材料はこの場所にある作業場の下屋の骨組みになります。
だからあとからでも全部見えるんだな。
うまくはつらなくちゃはずかしいぞ。(自分に言え)
というわけではつりの練習したい方どうぞ。
またやりますから。
新潟の親方、柿の種ありがとうございます!
神棚にあがってます!(食え!)



で、
オマケの写真
a0157159_2122330.jpg
ゲロ味ってのも相当な味らしいけど、耳あか味ってのがえげつないという評価でした。
ボク?食べてないたべてない。
ハツリの次の日仕事できないくらいのか弱いおじさんなんだから。(コラー!!)

ではまた。

by kaiganyafoo | 2015-10-19 21:30 | 大工道具 | Comments(4)

反り台鉋 セミ

みなさん おつかれさまです。



ふと、子供のころ横文字の発音がチョー苦手だったことを思い出した海岸屋です。
ボンドは言えるけどセメダインが言えない。
苦し紛れに セメンダイ と言ってましたな。
オロナインも言えない。
オノライン ですな。
ん?
両方とも日本語だって?
はっはっは
今から50年も前の山形県をナメちゃいけない。ナメてないか。そうか。





まあ それはさておき これ。
a0157159_21284681.jpg
みんな、ちょっと前にこんなことしてなかった? 
セミ。
(みんなって誰だって? 自分の胸に聞いて。)


これ、梁に鉋をかけているんだけど、ペンキを剥がしているんだよね。
ごめんね長弘。
どうしてるかなぁ 長弘さん。・・・って
今日の話はそうじゃなくて 反り台だった。



言うまでもなく、こんなかっこで鉋掛けをするのはなかなかに面倒なもんで
第一、梁が全然平らじゃないから かからないんだね。鉋が。
で、刃を出せばうまく引けない。
じゃあどうするかと言えば 反り台っすよ。

このあいだこの現場でご一緒しているおん歳70有余歳のN先輩が
a0157159_21421542.jpg
はい この方が、
「海岸屋、反り台鉋ってどうやって作ってる?」 って聞くから
「やー普通に曲面にあわせて台を削りますけど。」 って答えたら
「俺のはな、台の頭だけ丸めて刃口から後はそのまま平らだ。」とおっしゃる。

へ?
「そんな反り台見たことないです。」っと言ったら
「いや、ある。 電気鉋の反り台はそうなってる。」という返事。

なんでも、普通の反り台は曲面がぴったり合ったとき以外は手加減で材に刃をあてなくちゃいけないんだけど、(まぁ、普通はそうだよね)先輩式の反り台は安定して刃先がかかるんだそうな。
ホントか!

というので、現場でシャカシャカと頭を削って 即席N式反り台鉋を作ってみた。
結果は・・・・ (ここ、ドラムロール)

すんません!
よくわかんなかったっす!
相手は曲面じゃなかったし。
と 言うわけでこの件は継続審議!
めったに曲面なんか作らないから一体いつになったら追試ができるのやら・・
(なおなおごめんね長弘鉋。)


まー
それやこれやで帰り道は夕焼けです。
a0157159_2223651.jpg


道具を使わない人にななんのこっちゃという話だけど
たまにはこんな現場報告もアリかな ということで。

ではまた。

by kaiganyafoo | 2015-10-12 22:07 | 大工道具 | Comments(4)

何度目かのホウキ自慢

みなさん おつかれさまです。


ブログ 休みがちですみません。
海岸屋 なかなかに忙しいです。
現場が動いてないだけで・・・(?)




a0157159_20303444.jpg

さて たぶん3回目だと思いますけど ホウキ。
a0157159_20275053.jpg
海岸屋は ここのホウキのファンです。
ファンクラブがあったら入りたい。
副会長ぐらいだったらやってもいい。(微妙に上からか?)

一枚目の写真は ここの看板犬なんだけど
なんとか言うテレビに出たらしく、もしかするとホウキよりも犬の方が有名かもしれない。
まさに主客店頭 だよね? え? 字が違う?





もうね 買ったホウキは長持ちするし
念のため買った予備のホウキはもったいなくて出せないし(?)
店に行っても買うものがないです。
a0157159_20365818.jpg
でも買った。

この小さいホウキなんか 鉋掛けに欠かせませんね。
掛ける前に さっとひと掃き
屑が乗ったらさらにひと掃き
めったにモノを褒めない先輩ですら これはいいなぁ・・ と褒めた逸品です。
2500円。

もちろん他の用途でもすばらしくすばらしさを実感できます。はい。

a0157159_2041375.jpg
こーら 海岸屋
能書き言うわりには 一番安いのを買ってるな・・・とお思いのアナタ。
そう思ったアナタこそが 3000円 とか3500円のものをお買いください。
海岸屋風情には 分に過ぎた贅沢というものです。
2500円版で何の不満もありません。


これ。
a0157159_20444478.jpg
これは ホウキ草の種です。
店で見せてもらった。

なぜこんなものが店先にあるかというと 種を持ってて栽培を委託しているから。
袖ヶ浦の農家さんだそうです。
今はね。




今はね と含みのある言い方をしますが・・ ご高齢なんだそうです。
そして
「よそで栽培しても いい草にならないんだよねぇ・・・」 ということで
「やっぱり千葉のホウキ草が日本一だねぇ」 とまで言われました。

はい
海岸屋 信じます。

これでなかなか海岸屋はホウキマニア君で
ホウキの問屋があるといえばわざわざ出かけて行き
銀座の物産展でホウキが出品されていればキビシイ目で判定をし・・ などなど
ずいぶん場数は踏みましたが ここのホウキに勝るものには出会わない。

海岸屋認定日本一のここのホウキの優秀性は  
ここのご主人の技はもちろんのことですが
材料のホウキ草の優秀性によるところも大きい であろうことが想像されます。


だからね
誰か栽培してみないかな。
このホウキ草。

ホウキ草の栽培のノウハウなんか たぶん誰も知らないと思うけど
今なら継承可能なタイミング なんだよねぇ・・
ねぇ? Y川建設の〇〇さん?

by kaiganyafoo | 2014-07-04 21:04 | 大工道具 | Comments(15)