海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
公式サイト
最新の記事
ケヤキに鉋を掛ける 粉仕上げ..
at 2018-02-17 20:20
断熱工事である
at 2018-02-09 21:47
新年のご挨拶
at 2018-01-05 17:14
神楽坂建築塾で話す
at 2017-11-30 20:28
嵐を呼ぶ上棟
at 2017-11-13 20:13
最新のコメント
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 19:51
明けましておめでとうござ..
by 余計なお世話かも at 09:08
余計なお世話かもさん ..
by kaiganyafoo at 09:19
新しく仲間になった 機械..
by 余計なお世話かも at 21:41
どんな自宅に住んでいるか..
by kaiganyafoo at 08:45
何故か 非公開コメントに..
by 余計なお世話かも at 21:07
確かにその方自体は友達で..
by kaiganyafoo at 08:53
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 01:34
通り土間さま 力強いお..
by kaiganyafoo at 01:17
ただいま帰ってまいりまし..
by 余計なお世話かも at 21:06
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:工事( 328 )


耐震補強

おお、耐震補強なんていうと 立派なかんじだな。
こんど 改修するのは ここのお宅。
離れです。
a0157159_731760.jpg

なんか暑いかんじの写真ですが
まー 去年の夏撮った写真ですから。

で、最初に解体工事。
こんなかんじ
a0157159_7333556.jpg

天井をはがして
内壁をとって
床もみんなはがします。

骨組みだけになっちゃう。
簡単にね。

在来木造のいいところだな。

で、骨組みだけになると
その家の 経歴みたいな 実力みたいなもんが わかります。
a0157159_7365494.jpg

ここの骨組みは かなり太い梁が 建物の端から端まで通っていて
それと直交して タイコ梁が架かっていて
まあ、好みのかんじだし、外観からの印象よりも
立派な 骨格を持ってる と思いました。

問題はこれから。
レベルという機械を据えて 建物の水平を測ります。
不同沈下 ってやつが たいていありますからね。

それから柱の倒れ具合をみます。

で、今回は 最初の診たて通りに 基礎の補強をします。
その後、ジャッキで建物の 水平を出して 
壁もすこし増やさないといけないようです。

それから金物で補強をして 内装工事はそのあと。

断熱材もしっかり入れて 丈夫であったかい家をめざします。
あ、 なおかつ かっこよくて 健康な家 もです。

by kaiganyafoo | 2010-01-29 07:55 | 工事 | Comments(0)

菜の花

今日も応援で刻み仕事。
この菜の花の脇を通って 作業場に行きます。
a0157159_21201888.jpg

寒いからかな まだ元気がないかんじ。
房州のほうでは いっぱいさいているのかな?

今日の仕事は こんなかんじでした。
a0157159_21224571.jpg

仕事遅いかな?
前はもっと刻めた気がする。
明日はこれをつないで 込み栓の穴あけかな

今日は 去年買った鋸をおろしました
これです (写真 悪いね)
水戸の 中屋平治 の鋸です。
a0157159_21303670.jpg


鋸については 言いたいことがあるので
またこんど あらためて 書きます (といいながら 書かなかったことがなんどか・・。)

by kaiganyafoo | 2010-01-24 21:32 | 工事 | Comments(0)

久しぶりの刻み仕事

昨日研いだ鑿を持って
先輩の手伝いに行ってきました。
この人が先輩
a0157159_21475787.jpg

すごく上手な大工さんです。
冗談ばっかり言ってますけど。

26日に上棟するそうですが
まだまだ仕事が一杯あって
ホントに大丈夫なの? と言いたくなるほど。
とりあえず 明日と明後日も手伝いです。

研いだ鑿はすごくいい調子。
よく切れます。

やってる仕事はこれ
a0157159_21523372.jpg

構造材の継ぎ手を作ってます。
継ぎ手の名前は「追っ掛け大栓継ぎ」 といいます。

海岸屋は 昔から刻み仕事が好きで
材木をさわっていると 落ち着きます。
特に 追っ掛けを作るのは好きです。

丈夫な継ぎ手だしね。
また明日。

by kaiganyafoo | 2010-01-23 22:29 | 工事 | Comments(0)

美しいもの

土壁のワークショップは
何回か行ってますが
そたびに思うのは 仕事の美しさ。

a0157159_2016535.jpg

下地の小舞いのときも

a0157159_2017174.jpg

朽ちてゆく姿も

a0157159_20174680.jpg

新旧の対比も みんな美しい。

こんな美しいもので構成されている現場は
今はもう ほとんど見ることがありません。

美しいものに 響く自分でいたい と願う人は
部屋にビニールクロスを貼ってはいけませんよ。

土壁はそれ自体もすてきですが
花や家具や絵を より美しくひきたてます。

そんな仕事がやりたくて
また、ワークショップに通うのですが・・。

by kaiganyafoo | 2010-01-19 20:25 | 工事 | Comments(0)

土壁塗り

去年の暮れに、知り合いの大工さんの工事現場で、土壁塗りのワークショップがあったので行って来ました。
(あ・・・申し遅れましたが 海岸屋のあいぼーです。)
土壁の下地、小舞かきはもうすでに終わっていて
a0157159_8585344.jpg

塗る土も準備万端です。
a0157159_903626.jpg

土壁塗りをしたのは2回目なので、参加していたお施主さんに褒めていただいたりして・・・・
でもみんながんばったので、夕暮れ時にはすっかり塗り終わって
a0157159_9101998.jpg

めでたし、めでたし。

by kaiganyafoo | 2010-01-19 09:11 | 工事 | Comments(0)

修行

今日は寒い日だった。
あられが降ったり 雪が降ったり。

私と大工さんは 木造の事務所を作っているけど、
隣では 鉄骨の倉庫の 基礎工事をしている。

親子二人で 生コン打ちをして、
そのあとを鏝(コテ)でならしている。

3時になったので
あったかいお茶を4人分買って
基礎工事の親子にも 持って行くと
「あー ありがとうございますー でも これだけやっちゃわないと・・。」
と言って 手を休めない。

いざ、仕事が一段落すると、
親の方は「ごちそうさまでした、すみません お先に。」
と言って 帰ってゆく。
子の方は 寒いなか 水を使って もくもくと道具を洗っている。
やはり お茶には 手をつけない。
もっとも、もう冷めているだろうけど。

一緒に仕事をしている大工さんは
40代前半の年齢ながら、地元じゃ有名な名門大工に
昔ながらの住み込みで修行をした人なので、
「みんな あんなところを 通ってくるんだよ。」 と言う。

でも、子どもに道具の手入れをさせながら
自分は先に帰るような厳しさを持った職人が、
今はそんなに多くない事を 本当はみんな 知っている。

そして、たいていの場合、子は 親ほどの腕には なれないことも。

寒いなか、一人で現場に残って
水をつかいながら 道具を洗う 息子の気持ちは 正確にはわからない。
でも 私は 心の中では 繰り返して言う
「がんばれがんばれ」
「がんばれがんばれ」

by kaiganyafoo | 2010-01-13 22:09 | 工事 | Comments(0)

上棟式

今日は上棟でした。

良い天気で 風もなく 最高。
朝はこんなかんじ。
寒そうで、エンジンかかってませんね。
土台はヒノキです。
a0157159_1857677.jpg


お祈りをして
a0157159_1858247.jpg


すぐにこんなかんじ。
空が青いなぁ。
a0157159_1859291.jpg


で、今日の作業はここまで。
a0157159_1903735.jpg


あまり大きな建物ではないので
できるだけ 高さを抑えて 設計しました。

電気工事屋さんの事務所ですから
すっきりとシンプルにまとめるつもりです。
画面右側で いばってさぼっているのは 私ですね
すみません。

by kaiganyafoo | 2010-01-09 19:08 | 工事 | Comments(0)

明日は上棟

明日は上棟です。

上棟は好きです。

上棟した時の建物の姿も好きです。
一番 かっこいい気がしますね。

ただし、プレカットの上棟は別。
これはつまんないな。

プレカットっていうのは 変な日本語だけど、
構造材の加工を プレカット工場という 
かなり大掛かりな設備を持った工場で 済ませるやりかたです。

大工さんがせいぜい丸ノコや角ノミで加工してゆくやりかたと比べると
圧倒的に早いです。
普通の家だったら 1日~2日でできるでしょう。
そして 値段も安いです。
加工精度も悪くない。

だから、今では主流になっています。

でも、私はそれが大嫌い。
自分の仕事ではプレカットをやったことが一度もありません。

なぜ大嫌いなのか その理由はいくつかありますが、
全部語ると なかなか長くなります。
(最近 そんなのばっかりだ)
ひとつだけあげるとすれば
大工道具の問題があります。

世界に冠たる 日本の大工道具は
おそらく 遠くない将来に 滅びてしまうことでしょう。
残念ながら。

その原因の一つがプレカットです。

これについては また書きます。

by kaiganyafoo | 2010-01-08 20:47 | 工事 | Comments(0)