海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
公式サイト
最新の記事
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
サヨナラ数寄屋
at 2016-11-29 20:55
最新のコメント
川越さま 山で木を伐っ..
by kaiganyafoo at 09:01
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:材料( 94 )


実は酒好き海岸屋

みなさん こんばんは。

久しぶりに雨が降ったりなんかして
でもまあ 千葉はのんきな毎日です。

今年から環境整備を週に一回やりましょう という事を決めたので
全社員 総出で掃除と片づけです。(ええ大人数ですが・・何か?)



まー アレです。
環境整備というのはもともと自衛隊の用語ですな。
片づけ とは言わない。
なつかしいのう。(←元自衛官)

というわけで瓦を片づけました。
a0157159_22121264.jpg
おお なんてすっきり。
でも本当はまだまだこんなアリサマっす。
a0157159_22132593.jpg
ねー 仕事が遅いっすね。
掃除して割れたのをハネたりしてると 大きさが違うのが出てくる。
5分くらい違ったのが3種類くらい出てきますな。
9寸 9寸5分 1尺とね。
古い瓦は小さいって聞きますけどこれのことですかね?
巾の方はあまり違いません。
ええっと 平瓦大きい版 中くらい版 こっちは軒先・・
とかやってるとすすみませんなぁ・・



どうしてこんな古い瓦を手間かけて片づけるかというと 「使うから」 です。
元々は海岸屋の 「蔵移築事務所センターキッチン編」 ってもののために
一式貰い受けた・・わけなんです・・・が
いやぁ・・・ね?  (はい 頑張ります。 今年はアコギに稼いで!)

事務所建設用地!
a0157159_22242281.jpg
我が社の重鎮K女史が嬉々として掃き清めたんです。



ということで今年の海岸屋は片づけ好きで行くことでしょう。


・・・と 酒の話ですな。
これ。
a0157159_22294457.jpg
知ってますか?
ジェネヴァ。
オランダのジンです。   と言うよりもこれがイギリスに渡ってジンになった。
ジンを飲むならば、おおもとを知らなくちゃね ということで購入。
変わった味と香りでっせ。

飲んだんかって?
アナタ 、一番小さい135mlの缶ビールで二日酔いする海岸屋っすよ?
ジンなんか飲んじゃった日には・・もう


でもね、飲むだけが酒好きじゃないな。うん。
こうやってちらっと舐めたり瓶を眺めたり背景を調べたり というのだって
「立派な酒好きだぁ!」
いや むしろ味もかまわずにガブガブ飲むやつに酒好きを名乗ってもらいたくない!
そんなのは 酔っぱらうのが好きなんだ!

おお
我ながら無理がある。
シラフでヨタをとばすのはやめろ と言われないうちにやめとこ。
もちろんジェネヴァはみなさんご存じのところへ。


今日の表題は 「ああ 懐かしの環境整備」 とかにでもしておいてください。
ではまた。

by kaiganyafoo | 2015-01-18 22:45 | 材料 | Comments(2)

網代にちょっとさわった

みなさん おつかれさまです。


昼飯にコンビニの焼うどんなんてぇモノを食ってる海岸屋です。
ええ
歯が痛いんです。
噛まなくても食えるリストを作ろうかしら・・とほほ。




さてうどんはうどんでもこれはちょっと違ううどん。
a0157159_21492580.jpg
五島うどんです。
昨日届きました。
はじめて見ました。 いろいろ興味深いうどんですね。 ありがとうW君。

W君は飛騨のA師匠のところでハツリを教わりに行って会いました。
(もう、誰だかまるわかりですがね・・A師匠)

海岸屋は千葉から飛騨までだから けっこう遠いべー と思ってたんですが
W君はなんと長崎から・・

この時点で脱帽なんですが、そして他にもいろいろとすごかったんですが
でも、そのとき一度会ったきりです。
でななぜ今アナタお年賀か。 (中国の通訳の人ふう)
それナント聞いて驚け。  (同上)

「海岸屋のブログを読んでいつも助けられているから そのお礼。」

だ そうです。

びっくり。

もう一回言いましょうか? いい?

今日さっそく現場で先輩に言ったら笑いながら、
「遠くにいるとありがたいかんじがするのかなー 近くに行かない方がいいね。」
とか言う始末。失礼だな。あたってる気がするけど。

W君何かお返しを考えているんだけどどうしようかな?
道具とか砥石じゃヒネリがないよね。(ヒネルな!)
ええ W君は大工なんです。

W君は これから混迷をきわめていくであろう大工の世界のなかで
本来あるべき姿の大工というものを体現していってくれるだろうと思っているんです
・・・っていやいやうどんを貰ったからって・・いや うどんは好きだけど・・
え?
長いすか前フリ
そうすか。はい。
でももう一度 ありがとうW君。 はげみになります。





では網代。
a0157159_22152318.jpg
これはなんて言うんだろう?
子持ち網代? 親子網代?
よくわかりません、 が、網代です。

木更津の現場の床の間の天井は網代かな って思ってたんですが
まー 結局杉の一枚板技あり編ってのになったんですが、
俊英T君が 「網代、教わりたいっす」 と言ってたんですよね。
さすがダテに俊英名乗ってないよね。

はい
これ。
a0157159_2220167.jpg
これがなんだかわかる人。
いませんかぁ? いませんね。
見たことある人・・いるわけがない。
教わりにいったところのオリジナルですからね。

そうです。
網代の材料を作るために考案された鉋 なんです。
名付けて  「チョー厚削り鉋」 
(すいません名前はホラです本気にしちゃいけません)

背景に写ってますね くるっと丸まった極厚の鉋屑が。
引いてもそんなに重くないし すごい性能です。

そして網代をとりいれた作品の数々。
a0157159_2227342.jpg



こういう人達を見てるとなんとも言えない気分がします。
物作りの奥深さというか 専念することの尊さというか。
この 網代の顛末を形にするためだけにでも仕事を作っちゃおうかしらとか思います。
今回 ほんの少しさわっただけなんですが
誰かいませんかね?
建具に網代を組みこむとかさ、なんかそんなやつ(幼稚園生並みの語彙)

今、網代を取り入れるって言っても全部既製品の建材だから
その場所にあわせてぴったりの寸法に収める みたいな
手作りならではの仕事ってなくなっているんだと思います。
ね?
やってみたいよね?
そこのお金持ちのアナタ。
海岸屋はいつでも請けますぜ。(他人のふんどし作戦)





今日は食べ物づいてるからおまけの写真もソレ系
a0157159_2246178.jpg

メニュー一覧大迫力。
「おしたし」 と書いてあるのが江戸っ子だねぇ・・
東久留米なんだけどさ。

はい
ではまた。

by kaiganyafoo | 2015-01-08 22:53 | 材料 | Comments(6)

森林組合からの電話

みなさん おつかれさまです。



ここのところ忙しくて繁華街へは行かなかったので
クリスマスソングに満ちた世間とは無縁で過ごせました。
はい、
苦手なんです。
クリスマスが。

昨日も家族と夕食を一緒にとって、
次男が温めてくれたオニオングラタンスープを
オニオンウレタンスープと聞き違いしたくらいです。
うむうむ
クリスマス 苦手だな。




さて これ。
a0157159_21373173.jpg
数年に一度というくらいの満面の笑みを浮かべている海岸屋(当社比)ですが
ダテに笑っているわけではない。

このあいだ建築雑誌に広告を出してみた海岸屋なんですが
なんだか予想外のところから電話がかかってきました。
「こちら千葉県の森林組合なんですが・・・」
「???」

なんでもその広告を見て
海岸屋のHPを見て
そしてこのブログを見て
そして電話をかけてきていただいたらしいです。

うーむ
長い事ブログをやってますがこんなことははじめて。
ええ
まったく商売にはつながらない趣味の世界に堕しておったですからな。
いやーたいしたもんだ。(先方が)

もとより地元の木を使って家を建てるなんてーのはいわずもがなの大賛成。
「ご検討いただきたい」 と言われて
「はい やりましょう。」 と即答しましたので
「ええ!? そんなにすぐに?」 と言われてしまったくらいです。


ですから皆さん
今、 (有)海岸屋ふーに新築を頼むと 千葉の木で家が建てられます。
地産地消。
なにしろ森林組合がバックについてますからな。
冒頭の写真はその調印式。
「ちばの木の家づくり森づくり 保続森林 協定」 ってものを結びました。



とは言えまだ何ができるのか勉強中というところです。
やる気があって木もあって でも仕事がなけりゃはじまりません。
皆さん家を建てる際には海岸屋をよろしく といまさらながらにお願いをして
久しぶりの更新は幕を閉じるのでありましたよ。

ではまた。

by kaiganyafoo | 2014-12-25 22:22 | 材料 | Comments(2)

新月伐採についての至らぬ私見

みなさん こんばんは。


さっきネットで見てたら 
男風呂を盗撮していた男が逮捕された というニュースが出てました。
a0157159_2161426.jpg
どことは言えないこの銭湯で
海岸屋も脱衣室だけではなく 浴室も撮影したことがあります。
若い男性が一人いたのになんにも言われなかったのは
当局がワタシを泳がせているんでしょうか・・

ワタシ、男性に興味 ないです。
でも 建築しか興味がないのにー! と主張してもダメかもしれません。
逮捕されたら笑って下さい。
ごめんなさい
もうしません。





さて一転 新月伐採の話です。
そうです、 新月伐採について海岸屋の考えが聞きたい とおっしゃるので
まことに僭越ながら私見を述べさせていただく というか・・
また自分の言いたいことだけ言う展開だとは思います。


まず 新月伐採 と言った場合 お月様が見えない時期 
まー30日のうち1日か2日のあいだしか伐採できない というのが本来でしょうね。
はっきり言って仕事になりません。

新月伐採を有名にしたのは とある外国の方ですが
K木材のO氏と言う方はそこまで行って見てきたそうです。
たくさんの木材が積んであって 「すごいねー これ、全部新月伐採なの?」 と聞いたら
「違う違う」 と言われたそうです。

その外国の方はむしろ正直で 何かうまく伝わってない部分があるのかもしれません。
確かに30分の1の稼働では仕事になりませんから。

K棟梁という方が 
寒中の新月に伐採して 葉枯らしまでした丸太を出す というので
先輩と参加して丸太を一本貰ってきたことがあります。
条件としては申し分のないものですからね。

持ち帰って地元の製材所に持ち込んだ際にこの話をしたら
「うちもその話聞いて試そうとしたんだけどさぁ・・ 
そこに丸太で積んで順番待ちしてるあいだに虫にくわれちゃってさぁ・・」 と言われました。
ま、 それでも実験だから と言って製材して
塀に立てかけて乾燥させておいたのですが たしかに虫は食いました。
そのいきさつは昔ブログに書いた記憶があります。



さて
否定的な話をみっつ並べました。
だから海岸屋は新月伐採を否定しているのか と言えばそうではありません。
体験したことを言っただけで 
でもこれだけでは判断するのには不十分だと思っているのです。

以前 竹の切り旬の研究で博士号を取得された方の話をうかがったところ
様々な条件で切った竹のデンプンの含有量を調べてそれを指標にすると仰ってました。
確かに竹の中のデンプンの量は 季節により 部位により変化するようでした。
そしてデンプンが少なければ虫も食いにくいだろうしカビも生えにくいのではないか という仮説をたてて研究を進めている ということでした。

今回の天竜でのお話しの中にも デンプンの話は出てきました。
では 切り旬のいい竹が虫に食われないとして
新月伐採の木が腐りにくいとして
その理由がデンプンの含有量だけで説明がつくのかと反問されればその回答は誰も持ってない。
まだまだすべては謎なのです。

以前 京都の銘竹屋さんのインタビューで読んだのは
「この仕事だけは絶対に虫がついたらいかんのやから念には念を入れてやらな・・」 
という仕事の竹でも虫がわくことはあるそうです。
そしてその逆も。

ますます訳がわかんないでしょ?
わかんないんです。


今回見学させてもらった天竜の森ですが
ここは30日のうち15日見当だけ 満月から新月までのあいだだけ
伐採をすることから「月齢伐採」と言っています。
全体としてとても立派な取り組みで、たとえ
「話と違って普通に腐る材木だった」としてもその価値は下がらない とも思います。
それだけの仕事だと私は感じました。

そして逆に
「腐らない木材を欲しがる」 ことを疑問視しているからでもある。

家を建てるときに個別にちゃんと見て行けばいいことなんです。
大工なり 工務店なり 材木屋なりが。
そして 腐らないような使い方をするべきなんです。
(実際 ちゃんと建てた家は腐る心配なんかほとんどないです。)
一軒ずつていねいに建てて行けば それは当たり前のこと。

ブランドやレッテルを見なければ木材の仕入れができないようであれば
材木屋さんとの付き合いに問題があるとか 自分の不明を恥じるとか
なんらかの問題があるとおもうべきであって、
たとえそれが新月伐採という名前でも同じです。
ブランドを信じる とかレッテルをあてにする というのは自分の判断を停止することに近いんです。
どこの料亭が、寿司屋が、八百屋がそんなことをするでしょうか。
みんな真剣勝負で仕入れをしてるはずです。

ただひとつ 機械的に大量生産をしたい者だけにはそれが必要かもしれません。
林業というボリュームのある産業に対しては 大量生産の住宅も必要なのかもしれません。
でも
それならばムク材である必要はない。
集成材なら均一だというし
木である必要もないのかもしれない。
ただ それは海岸屋の経験のない世界の話なのでここまでにしておきます。

案の定面白くない話になってしまったし
質問にも答えてないかもしれません。
不器用ですみません。(あ!健さんごめんなさい・・)

by kaiganyafoo | 2014-11-18 22:29 | 材料 | Comments(2)

新月伐採ふたたび   天竜の森から

みなさん おつかれさまです。


いくらか肌寒いような天気の千葉外房です。

自由白米主義を貫きつつある海岸屋ですが
久しぶりに会った〇保さんから 
「ベルトの余り部分が短すぎる」 とのご指摘をいただきました。
なんの
寒くなるなら尚のことしっかり食わねば。
ええ
久〇さん アナタはスマートになりましたともさ。はいはい。
(はい は一度でいいぞ!)




さて 10月の話なんですが 天竜の森に行ってきました。
民家の学校 森林体感ワークショップです。
a0157159_21394893.jpg
すごいような景色です。
a0157159_2149919.jpg
屋敷の中に生えている巨木。
はるか高いところの洞にムササビが写っています。

見える?
見えない?
そうか・・海岸屋にも見えないんだよ・・・
(ムササビがいたのはホント。 ね?人見さん)


ここ天竜の森で伐採された杉は葉枯らし乾燥というものをします。
それは伐倒した樹木から 枝も葉もとらずにそのまましばらく置いておく というもの。
葉からの蒸散効果によって木材の乾燥が進むといわれています。
だが。
樹皮も剥がさずに山の中に置いておくものだから 虫に食われる。
テッポウ とおっしゃってましたね。

それが改善したのが月齢伐採によって  だそうです。
月齢伐採とは 新月から満月に向かう半月は木を切らずに
満月から新月に向かう半月の間だけ伐採をする という方法。

これによって テッポウ(虫?)の被害が激減したんだそうです。
a0157159_22264979.jpg
月齢伐採の木で作った杭は地中に打ち込んでも腐らない 
と力説する榊原商店のオヤブン。

写真やデータもタブレット使いまくり(!)で説明します。
いや
感心するとこ そこじゃないけどな。

そして乾燥
a0157159_22431742.jpg
井桁に積む。
それから製材 そしてさらに乾燥。
a0157159_2247661.jpg
最初は雨に当てて 次は屋内に入れて・・
そう
ここは完全に自然乾燥の木材ばかりなんです。

a0157159_22545733.jpg
うーん いい材だねぇ・・と感心する自分と
いやいや 山の側からみれば気楽に良い悪い言ってもらいたくないな という自分と
まーね  両方いるわけさ。
だって
a0157159_22584682.jpg
な?
杉の値段は海岸屋が生まれたころから変わってないんだ。
大卒の初任給は20倍以上にもなってるのにな。

たしかにここの材木の価格表を貰ったら いつも海岸屋が買う値段よりも高い。
でも 高いってなんだ?
2年だよ?  自然乾燥。

自分のところで面倒見ながら在庫で乾燥できるかってーの。


木材の乾燥は必要なことで
自然乾燥に勝るものはなく
しかしそれを
山がやるのか伐採搬出業者がやるのか製材業者がやるのか材木屋がやるのか工務店大工がやるのか
決まりなんてないんだ。

海岸屋は材木の乾燥を自前でやってる設計屋さんを二人知ってる。
海岸屋だってお金があれば自分で一棟分くらいの材料を乾燥させたいさ。
まー
ずーっとずーっと乾燥し続けるだけかもしれないけどな。とほほ。

そしてこれは天竜の森の話。
海岸屋の地元 千葉の山々の事情はさらに深刻なのであった。
はい
ではまた。

by kaiganyafoo | 2014-11-11 23:13 | 材料 | Comments(4)

木摺り 埋め樫  竹岡ラーメン

みなさん こんばんは
そしてお久しぶりです。



材料を担いだまま120階建てのビルのてっぺんまで
登ったりしている海岸屋です。
(ウソです 日本にそんなビルはありません)

でもまあ 足腰にキテいるのは事実。
ふー。
2階までを60回なのか
20階までを6回なのか 好きな掛け算をしてみて下さい。



さて そんなにナニを担ぎあげてるのかというと
例えばこれ。
a0157159_20324236.jpg
床板です。
長さは4mある。

エレベーターには入らんわね。
はい 階段でどうぞ。

床板って これラワンじゃねーの?
とスルドく見抜いた関係者の方。 アンタ年寄りだね?
今の若い大工さんって ラワンをさわってないもんね。

木造建築でモダニズムを表現するためには 敢えて表情のない板を使うのよ。
ええ 聞きかじりですとも。


そして例えばこれ。
a0157159_20423356.jpg
はい 木摺り(きずり)ですね。
いやー これも最近使わないですよね。
海岸屋も久しぶりで見ました。
左官下地で使います。

2分5厘くらいの隙間をあけて一面に張りますから
きっとそれだけでもけっこうきれいだと思います。

左官屋さんは名人だから塗ればもっときれいなんだけどさ。
(現代の大工さんは下地屋だねぇ・・)

そしてさらにこれ
a0157159_20455116.jpg
竹ですね。
巾は21mm 厚みは3mm
そうです。 敷居のミゾの中に入れる。
きっと建具がいいかんじであけたてできるでしょう。

塩ビの敷居すべりを入れたらいい仕事が台無しでしょ?
ごめんね川口技研さん。


まあ そんなこんなで夏の終わりの現場仕事をえんじょいしているわけですが、
前回 畳であれやこれやあったこの現場、
今回は和紙 それも鳥の子であれやこれやがありました。
いずれくわしく書くこともあろうかと思いますが
きょうは久しぶりの更新なんで もったいつけてこの辺で。




おまけの写真は 竹岡ラーメン。
a0157159_2193052.jpg
千葉以外の方はご存じないかもしれないけど、まあ県内公認のご当地ラーメン。
証拠はこれだ・・
a0157159_2195867.jpg
スープが残ってるって?
いやいやいや そんなご無体な。
試しに 本家梅乃家のラーメン食べてみたいな・・
乾麺だそうだけど。

ではまた。

by kaiganyafoo | 2014-09-06 21:15 | 材料 | Comments(4)

畳もか・・・

みなさん おつかれさまです。




海岸屋の敷地は道路に面していて
でっかい木が何本か生えているからでしょうか
小学生が荷物をおろしたりして ちょっと立ち止まったりもします。

もう夏休みだから持ち帰る荷物が多いんだね。




a0157159_18172227.jpg
これはウチでこの間まで咲いていた百合。
でっかいね。
今日の話には関係ないけど 畳の写真は一枚もないし・・・。




さて 畳。
海岸屋は もう40年来の落語好きですが 
みなさん 家を褒める落語があることをご存じかな?
ええ  「うしほめ」   (家ほめ でもいいです)

その中に出てくる 畳の褒め言葉
「表は備後の五分縁で・・・」

はい ここでストップ。

畳ってのは 表と床とでできています。
表ってのは表面だね。
これは昔から 「備後表」 (びんごおもて) が上等とされているんです。
備後の国 今でいえば広島県で作っている畳表のことで、
まあ 畳表ってのは 藺草 (いぐさ)っていう草でできているんですが・・・


探しました。 備後表・・・
ないなー
ないです。

調べてわかったのは 今は80%くらいが中国産だっていうこと。
中国地方ではなく 中華人民共和国。

残りの20%が国産だそうだけど ほぼ全部が熊本産。
ちょっとだけ福岡産。
さらに
その熊本でも平成元年に5000軒以上あった藺草農家は
24年では639軒 (農水省調べ)
広島で藺草を作付けした農家は2軒だそうです。

2軒・・
今年はどうだったんだろう・・・
そりゃあないわね。 備後表。


熊本の材料を広島に持ち込んで 「備後表」 と名乗ったり
輸入の材料を国内で加工して 「国産表」 を名乗ったり
でもまあ これは合法(!?)らしいんだけど
外国での栽培をみとめていない品種の藺草の製品が輸入されたり
(これは違法・・・)
正直 ばかばかしい話ばっかり聞こえてきます。


畳の床の方も深刻で 畳床の生産地であったはずの千葉県では
古畳の藁を再利用しないことには材料の確保ができない状態だったんですが
当然ながらだんだんとその質は下がってきていて 
今や建材の床よりも質の悪い物しか作れない という意見もあるくらいです。

さてさて・・
今回は どうしてもちゃんとした畳を探そうと決めたので
いろいろ調べてはいちいちびっくりしているわけですが
ちょっと言わせていただきたいのは
「なんか おかしくないか?」 ってことですね。

「平成の時代に大人だった連中」 って けっこうダメじゃないですか?
「和室」 も 「和服」 みたいに 
特別なとき とか 特別な人だけのものになるんですかね?
どうなんですかね ソレ。







・・・・
・・・・
まあ アレです。
腹が立ったときは いい道具の写真を眺めるにかぎりますな。(海岸屋だけ?)
a0157159_19331867.jpg

a0157159_19344082.jpg

a0157159_1935828.jpg
一枚目と二枚目の写真 ビットはWeraのスグレモノ。
すごい食いつきです。 高いけど。
三枚目の写真の ドリルの刃もすごく食いつく。 斜めとかでもね。(高橋談)

どっちも  「ここ一番すべっちゃ困る!」  ってときに出番なんですね。
うむうむ
たのもしいな。



あのー
すべってるのは今日のお前だ という声が聞こえるんですが
道具の話ですからね?
念のため。

ではまた。

by kaiganyafoo | 2014-07-18 19:44 | 材料 | Comments(17)

くどくてすまんね スレートなんだよ

みなさん おつかれさまです。



やー
今日は暑かったすね。
一日 トラックに乗ってたら水分を取っててもちょっと頭痛。
ええ
エアコンなんてついてないんですな。




朝 早く起きて東京へ。
これです。
a0157159_2215720.jpg
スレート救出第三弾 です。

でもまあ 救出なんて言ってみても海岸屋が受け持ってるのは一番最後の部分。
写真を見てもらうとわかるけど 丁寧にとってくれてます。

屋根の職人さんと話をしたんだけど
日本瓦を降ろすのの2倍くらいの手間がかかる と言ってました。
「いやー 大変だよ」 ということです。

屋根の勾配が3寸で 少しゆるかったんじゃないかな とも言ってました。
東西南北で 傷み具合に差がない とか
水を含んで乾けない状態だったのが傷んだ原因ではないか とか
いろいろ話をしてくれました。


今日の引き取り手は 海岸屋のほかに二組。
山梨に小屋を作っている という方と
このスレートを尾道まで運ぶ という方。
でも
軽の1boxで重量を積んで広島まで とはちょっとすごいな。

高速道路でハンドルがふらつかないように
荷室のオフセットの話をしました。
この位置に積めば大丈夫ですよ  ってね。
うるさい親父だとおもっただろうなぁ・・
(海岸屋はトラックに乗ってた時期も長いんです)
a0157159_22135831.jpg
いっぱいあるでしょ?
2t近くあるかもしれない。

2t・・・
考えたらそれを手積みしたわけで
くたびれて当然 ですかね。


せっかくみんなが大事にはずしてくれたスレート。
うまい使い道を考えなくちゃ・・・
店舗の床ですかね。




もう お子様は休む時間なので また明日。

眠い・・・

by kaiganyafoo | 2014-05-28 22:23 | 材料 | Comments(0)

杉の丸太

みなさん おつかれさまです。



千葉 外房はさっきから雨が降りだしました。
なんだか 冷たい雨・・のような音がします。




昼間は解体
夜は見積もりでけっこうアレです。

現場に杉の丸太が届いたらしいです。
a0157159_2281821.jpg

こんなかんじのが10本
ハツリの練習もしてないのにぶっつけか・・
でも
今月は予定がもういっぱい
・・・・
・・・・



今日は短めで おやすみなさい・・・

by kaiganyafoo | 2014-05-26 22:10 | 材料 | Comments(0)

スレート救出作戦   第2ラウンド

みなさん おつかれさまです。




海岸屋の母校 正気小学校(まさき と読んでね)は運動会で
まー 運動会日和 この上ない陽気のなか
東京に行ってきました。



スレート救出作戦 第2弾だそうです。(だそうです?)
a0157159_21474033.jpg
ていねいに剥がしていただいてます。
面倒くさいだろうな。

これ 何枚くらいあると思いますか?





海岸屋のトラックに積み込んだところ
a0157159_21502395.jpg
これで1500枚くらいだと思います。
けっこうな重量です。

このスレート 宮城県雄勝で掘り出されて、30年ほど東京で屋根を葺いて
今日はいい天気の中 千葉外房にやって来ました。

積み込みをしながらW先生にうかがったところ
雄勝は相当な壊滅状態だし 石の目を読める職人がもういないので
スレート生産が再開できるかどうかは かなり微妙だということでした。
ならば なおのこと貴重品ではないですか。



みなさんは 石というと 硬くて重くてずーっと変わらないモノとお思いではないですか?
でも 雨で濡れたからかもしれませんが スレートは硬くない。
かと言って大谷石のような軟らかさでもない。
密度はありますからね。

石が古くなるって言い方はおかしいかもしれないけど
元の泥に戻りたがっているようにも思えます。


作業場に戻ると 前回救出(?)したスレートが一山。
これを仕分けして ざっときれいにして ちゃんと保管しなくてはな。
a0157159_22222991.jpg

むー
スレートの隣りの古瓦が 「本当かぁ?」 と言ってる気がする。
でも
きれいでしょ?
a0157159_22175222.jpg
ピーターズントーの テルメヴァルスに匹敵するな。
ま 当然言い過ぎなんだが 
疲れているのと明日は日曜だというのとで勘弁してください。
ズントーファンの皆様にお詫び申し上げながら また明日 です。

by kaiganyafoo | 2014-05-24 22:25 | 材料 | Comments(0)