海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
公式サイト
最新の記事
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
サヨナラ数寄屋
at 2016-11-29 20:55
東京の現場の引き渡し
at 2016-11-02 19:32
海岸屋の広告 または藍染めの世界
at 2016-08-30 19:21
最新のコメント
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
正直なところ、年期の入っ..
by kaiganyafoo at 11:26
お疲れ様です(作業も読書..
by まめたん at 22:32
おはようございます。 ..
by kaiganyafoo at 06:39
こんにちは。 久しぶり..
by 通り土間 at 17:50
いろんな職人がいなくなり..
by kaiganyafoo at 07:49
うーんどうでしょうかネ ..
by 余計なお世話かも at 18:59
お気に入りブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:お店( 47 )


オサレな店で

やー
みなさんこんばんは。
山盛り仕込んだネタが発酵しつつある(有)海岸屋ふー倉庫内です。
発酵臭の出たネタはどうしましょうかねぇ・・・
みなさんの気付かないうちにこっそりとアップしましょうかねぇ・・
(営業停止処分だ)



さて ここ
a0157159_18455724.jpg

神楽坂だからひっくりかえした名前でlakagu・・・
いやー 参ったわ。

講座を終えた気楽さでレーモンド事務所(註1)から引き返して店内に入って
家具はどこだよ と探しているイタさがまず参ったポイント1
(lakaguって家具屋だって誰も言ってないよねぇ・・)

あったあった この家具?
パーティクルボードで、組み立てが粗雑で、小さくて・・9万円?
場所代? 設計費用回収? などと相棒と二人で悪タレ口全開も参ったポイント高し!

さらにその様子を見ていたらしい他のお客さんに
「写真をお願いしたいんですけど。」 と言われて
いいですよー とカメラを受け取ろうとした相棒は減点1

「いいえ一緒に写っていただきたくて・・」
「????」
「あの・・妹島さんですよね?」




あのね、
あるときは相棒
またあるときは有能な社員13号
あるいは 俊英のK女史

なにやら背後でもしゃもしゃ言ってるかと思いきや
そんな爆笑ネタを独り占めしてたなんてずるいな。


風貌が想い浮かぶそこのアナタ 笑ってもいいっすよ。
これから妹島こ〇やしと呼んでやってください。
参ったポイント 妹島こば〇しに3000点。



今日は一日見積もりでバカ(当社比)になっているのでこんなとこ。
(註1)はこれ。
a0157159_19917.jpg
日本建築家山脈の大きな峰。
感銘を受けたので軽々には語れない・・
なんちゃって またこのネタも発酵へのコースをたどるのか・・・


ではまた。

by kaiganyafoo | 2014-11-10 19:15 | お店 | Comments(0)

初めてのおつかい

みなさん お休みですか。



「ミッキーマウスに似てるわよねぇ・・」 とお客さんに言われた海岸屋です。
はい
そう言われたのはこれで3回目です。
ただし このミッキー君は多少ガラが悪いんですが。

ブラックミッキー君と呼んで下さい。
(あ 本家のミッキーも黒いのか・・)




お休みの日だから 買い物に行きました。
行ったことのないスーパーへ。

まあ どうでもいいような曲が延々と流れているのと
おばさんに買い物カゴで押されたりするので
スーパーはあんまり好きじゃないんですけど。

でも やっぱり見たことないモノも売ってる。
a0157159_2041841.jpg
チョコバナナって飲んだことない。
あんまり飲みたくもないけど つい買った。
a0157159_2051662.jpg
缶コーヒーのくせして200円もするって生意気だよね。
kusa喫茶直伝のコーヒーを飲んでる海岸屋が鑑定してやる!
と 買って飲んだけど別にどうということはなかった。
ただ
1500枚のスレートはトラックから降ろしました。
a0157159_2081414.jpg
アルギニンとカフェイン配合の缶コーヒー ありがとう。
栄養ドリンク的だったのかもしれません。
a0157159_20111425.jpg
仲間でこれが好きなのがいて 
「せんべいというのは歌舞伎揚かそれ以外の2種類に分けられる」などと言ってました。
なつかしくて買った。
a0157159_2014488.jpg
これも定番 なんで売れ続けているのかわからない源氏パイ。
気を良くして「平家パイ」 と言うのを売り出したけど たぶんダメだな。
知らないでしょ?みんな。

というわけで 食事関係では無能ということを追認する買い物だったんですが
大先輩の言いつけで現場の下見にも行ったんです。
その行きかえりに見た麦畑。
a0157159_2021823.jpg
なんでツートンカラー?
かたっぽ小麦でかたっぽ大麦?
a0157159_20215930.jpg
赤米ならぬ赤麦?


休みだからといってぼさっとしてると
常人の二分の一くらいも役に立たない海岸屋でした。
でもまあ 休みだからいいか。

by kaiganyafoo | 2014-05-25 20:47 | お店 | Comments(0)

ギャラリーで昼食を

みなさん おつかれさまです。



パソコンで長いことXPを使っていたもので
ウインドウズ 7 に慣れることがまだできません。
パソコンを2台並べて使ってますがついXPに手が伸びる海岸屋です。

社員の数よりもモニターの数が多い事務所って・・。
(それでなくても狭いのに)


さて
今日は朝から張り切ってデスクワークに励んでいたんですが (多少脚色あり)
給湯ボイラーが壊れた という電話が入って急いで行ってみました。
a0157159_21231063.jpg

うおう!
ばばーんとした長屋門です。  蔵もあるし。

機敏きわまりない対応で (多少脚色ありパート2)
明日には新しいボイラーに交換する段取りにできました。
ふふん
けっこう偉いよね。(水道屋さんがね)


その現場から 移転オープン2周年になる ギャラリーtenまですぐです。
さらに
生産者(農家)で 販売者で コーディネーターで 料理家でもある
新しいスタイルを実践中のキレドさん。
そのカレーランチも実施中。 (カタカナですみません。)
よし!!
「ギャラリーで昼食を」 といきましょうか。
はい 美的昼食。
a0157159_21395483.jpg
器は売るほどある。
そして家も売ってる(かもしれない)
a0157159_2143242.jpg
まあ 家のことは海岸屋にまかせてもらうとして 
それにしてもここのモノ達のレベルは高い。

どのくらい高いのかと言うと
まあ とても手ぶらでは帰れないほど高い とでも申しましょうかね。
案の定・・・ そうなりますわな。
a0157159_21512449.jpg
内側も凝ってる 凄みのあるお椀。

今 一体これほどの器を誰が作って 誰が使ってますかって話だ。
(ややっ オヤジの語り 炸裂か?!)
ここから塗師 渡辺喜三郎の話かなんかを延々としゃべるところですが
お腹がすいたし眠くなってきたしで その話はまたの機会で ということで。
ではまた。

by kaiganyafoo | 2014-01-09 22:15 | お店 | Comments(2)

カレーレストラン シバ

みなさん こんばんは。

ちょっと寒くなってきた感がある千葉県ですが
みなさんのところはいかがですか。
大丈夫ですか?



海岸屋の感覚では 
千葉市よりも東京寄りになるとそこはもう千葉ではない 気がします。
もちろん
外房こそが千葉の中の千葉 と思っているからなんですが。
(世の中の大半の方 ローカルでごめんね)


そこからすると 今の現場は千葉ではない。
だから というわけじゃないけどお店がいっぱい。
昼ごはんを食べる店がいくらでもあります。

今日の店は カレーレストラン シバ
a0157159_216241.jpg
28年目になるんだと思います。 ここの店。
長いっすね。

4人で入ったんですけど 写真に撮ったのは自分が食べたこれだけ。
a0157159_2113191.jpg
野菜カレーに もうひとつ好みのカレーをつける というメニュー。

海岸屋は頼んだのは痛恨のラムスパイス。
なぜ痛恨か というとこれが激辛だったから。
なぜ 辛いもの好きでもないのにそんなものを頼んだのかというと気づかなかったから。
うう
痛恨。

でもカレー自体はとてもおいしい
(負け惜しみではなく!)

ラムはホロッとほぐれるくらいに煮てあります。
スパイスはそれぞれを個別に感じられる組み立て。
(ん?スパイシーって言うのか? そういうの。)
慣れるとクセになるような気がします。


カレーはピリッとしてたのに
お前の話はピリッとしてないだろう とお思いの皆さん。
たまにはそいうこともあるってことです。
ウチの晩飯がカレーじゃない事を祈りつつ
また明日だ!!

by kaiganyafoo | 2013-12-09 21:43 | お店 | Comments(0)

和歌山の・・・

みなさん おつかれさまです。


まずこれ
a0157159_21155647.jpg
熊野の象徴 八咫烏(やたがらす)が描いてあります。

八咫 というのは咫 (あた)が八個分 ということで
咫 というのは掌を開いて 親指から中指までの距離のことです。
海岸屋の場合は7寸5分。
両手をあわせると尺5寸という 大工にとってまことの都合のいい寸法になるんですが
それを8個分というと6尺になります。

カラスのどこからどこまで6尺なのか聞いてみたところ
多分羽の先から先まで ではないかという返事。
では
そのカラスは白鳥よりもでかいかもしれない・・

すげーな やたがらす。
足も3本あるし・・・


次はこれ
a0157159_21252250.jpg
和歌山ラーメン・・・なのだそうですが 海岸屋はこれを知らなかった。
店にはこんな掲示がされています。
a0157159_21263227.jpg
老舗の味 も 創業60年もいいけど・・
でもなぜ店主がラーメンの中に立っているのか。
まさか 出汁?

もういっちょ これ
a0157159_21323274.jpg
宿の近くの無人販売所に貼ってあったポスター(??)ですが
「ムジンレス」 とは何事か。 「ムジン」が「レス」なら有人なのか・・・
「シヨジキ」にして と要求されてますが なにをすればいいのか・・・



これを見て昔 工務店に勤めていた頃 倉庫の中のロッカーの扉に
油性マジックで 「ひるめど」 と書いてあったのを思い出しました。

青森から出稼ぎにきていた人が書いたそうなんですが
中にはヘルメットが入っていました。
むー
たしかに ひるめど と発音しているかもしんない。
どうしてるかな木村工務店の木村さん。


・・・・とまあ みなさんうすうす気づいてらっしゃるだろうけど
きょうの海岸屋は浴室の解体ですこうし疲れています。
ありていに言えば 眠い・・・

最後の写真は手ぬぐいです。
a0157159_21511027.jpg
片方は貰ったもので 片方は買ったもの。

貰ったほうがかっこよくて
買ったほうはダサいな。

どっちがどっちか なんてそんな事は言えない。
那智の神様に失礼だもんな。


でも 明日の更新がされてなかったら那智の神様の神罰が下ったものとお思い下さい。
ではまた。

by kaiganyafoo | 2013-12-03 22:00 | お店 | Comments(2)

人生を変える宿(海岸屋限定?)

みなさん こんばんは。

昨日と違ってお腹がすいている海岸屋です。
(またそれか・・・・)
a0157159_19302720.jpg
のっけから不思議な写真を載せましたが 
昨日の倉吉の記事からははみ出したものの
やっぱり載せたいこの写真。

なんだろ・・・
にらんでるよね。

さて 山陰地方に初めて行く海岸屋だったんですが
建築屋としてのシタゴコロを含めて 一番心に残ったのは 土壁の美しさ。

こんな壁が好きなんです。
a0157159_19355497.jpg
ええ そりゃもう 腰ががくっとなるくらい。
(意味がわからない表現ですまんね)

その意味でもこの日の宿はすごかった。
a0157159_19384193.jpg
うおう! 腰ががくっと・・・
ちょっと写真がフライングです。

倉吉から米子 そこでレンタカーを借りて石見銀山に向かいます。
100km以上ありましたね。
安来の和鋼博物館も
松江も 神魂神社(かもすじんじゃ)も
出雲大社ですら素通りして ひたすら走って ついたのは夜。
この日の宿は群言堂 他郷阿部家。

もーくたくた。
夢のような夕食をいただいて 夢のようなお風呂に入ってバッタリと寝ました。
(いや ここのご主人に大変な長広舌を述べた気がします。 ごめんなさい。)


ここの宿とそれを含めた群言堂の活動
その拠点である大森町がすごい。
どうすごいのかうまく伝えられる自信がありませんが。


付近を案内してくださる番頭さん。
a0157159_20114197.jpg
どうでしょう?
すばらしくないですか?
山があって 小さい流れがあって 石でできた橋があって
そこをゆっくりと案内してもらいました。
ワタシのジモトでは望むべくもない環境・・・・
a0157159_20161669.jpg
この建物を移築したのもすごいけど ここでこの日準備していたのは柿渋ワークショップ
参加してぇー

さらにこんな建物もある。
a0157159_20194392.jpg
暗い?
この建物には電気がきてないからね。 すごいよね。
そして美しい。
a0157159_20212730.jpg
土壁もいいけど土間もいいなあ。 浮気性かなぁ。

泊まった宿を含め こんな建物がこんな町並みの中に点在してるんです。
a0157159_20243453.jpg
会長の松葉大吉さんがおっしゃってましたけど 
古い壁をこわしてもその土でもう一度作った壁の美しさは比類がない そうです。
はい ワタシもそう思います。
ただし
千葉ではそうではない・・・ たぶん。
それを検証するのと どうやったらこんな美しい壁ができるのか
それは課題として持ち帰らなくては と思った海岸屋でした。

by kaiganyafoo | 2013-11-19 20:34 | お店 | Comments(0)

コムデギャルソンに学ぶ

みなさん お疲れ様です。



家の近くにある駄菓子屋のおばちゃんはすごい。
海岸屋が子どもの頃から ちっとも変わりません。
40年以上前からずっとおばちゃんです。
すごいよね?




さて 先日 コムデギャルソン という洋服のお店に行ったと言いましたが
どんなところなのかと思ってネットで調べてみました。

調べてみて ここを設立した 川久保玲 という人は偉い人だと思いました。
どう偉いか。 ウィキペディアから引用します。

「可能な限り日本国内での生産を手がけ、制作および製造における日本の高い技術の継続および伝承に積極的に取り組んでいる。」 

どうですか。
偉いじゃありませんか。
住宅建築でこんな事をやってる人がありますか。
(どいつもこいつもプレカットに流れやがって)(心の声・・・ダダ漏れですが)

住宅建築で有名な建築家の先生方も
プレカットを使うことには問題意識をもっていないようです。
「どうして手刻みでやらないんですか?」 と聞いてみても
あまりいい反応は返ってきません。
みなさん そうです。

でも そんな先生方でも
営々と伝わってきた大工技術を使って 家作りをしているのは間違いないところで
けれども自分からそこに貢献しようとするわけではない というのでは片手落ち、
心の声をダダ漏れにしてしまえば やらずぶったくり かもしれません。
川久保玲を見習えってんだ。
大工がいなくなっちまうぞ。


このブログをお読みになっている高貴な方々はおわかりでしょうけど
海岸屋はいまだかつてプレカットの仕事をしたことがありません。
ですから ウチに仕事を頼めば 日本の伝統技術の継承に役立つってもんです。
素晴らしい技術を持っている先輩方も
いい仕事にめぐり合ってるか というとそうでもないし。



公憤にかられつつ・・・ 字ばっかりで面白くないだろうから
写真をどうぞ。
a0157159_22182265.jpg
えーと なんで仕立て屋銀次の本ばっかりなのか というと
他ならぬその先輩が刑事さんの家の仕事をやって
何かの拍子に仕立て屋銀次の話になったら
その刑事さんが銀次の写真を出して見せてくれた ということで
にわかに興味が湧いて本を買ってみた というわけです。

子分が500人もいた というスリの大親分の話ですから
コムデギャルソンとは全然関係なかったね
まあ そんなとこでまた。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-06-19 22:59 | お店 | Comments(4)

根津を歩いた

みなさん お疲れ様です。

昨日は千葉から銚子
今日は佐倉から東京
明日は一宮 と東奔西走の海岸屋です。(やや誇張気味)


仕事であちこち行ってるから
休みの日はおとなしくしてるか というとそうでもない。

根津に行ったりしました。
テキトーなところに車を停めて まず気になったのはこの建物
a0157159_2147378.jpg
住まい塾で建てたような気がする
っていうか もし違ったらまずいくらいですね。

数々の面白い店があります。
a0157159_21504366.jpg
昔せんべい大黒屋
ここでせんべいを買わないことはできません。 はい 無理です。

a0157159_21525165.jpg
蔵好きの海岸屋の心の琴線に触れる蔵。
敷地のGLはけっこう高いとしても なんかひょろっとしてるかな?

a0157159_21551023.jpg
おっ! またも寺の門の曳き家。
今月は山門曳き屋強調月間なんですねきっと。

a0157159_2158064.jpg
かえる屋ケロリン堂。
うっわ やられたなぁー この名前。
海岸屋トンカチ堂とか言っとけばよかったのかなぁ・・

そして・・・
a0157159_2203017.jpg
おう・・・ギャラTENだぁ・・
a0157159_2212917.jpg
海岸屋がいつもお世話になっているのはギャラリーten・・・微妙にニアミス・・ぽいか?

後半はお寺お寺またお寺の地域を歩いて
文京区は税収が少なくて困ってないのか? などと思いつつ
帰ってきたのでありました。

山もなくオチもないまま また明日でやんす。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-06-14 22:28 | お店 | Comments(0)

ほうきを買った

みなさん お疲れさまです。

先輩は今日も日曜返上で屋根工事らしいからな。
海岸屋は丸の内を歩いてました。
疲れたー・・・   って その話はまた今度ね。





さて
海岸屋は ほうきを買うときは木更津のほうきやさんに決めてます。
なにしろ性能が違う。
はっきりいって最強でしょう。
2010年の8月9日に書きました。

でもね ここのほうきもすごかった。
a0157159_23391172.jpg
もともとほうきの問屋さんということでした。

これとかすごいよね。
a0157159_23404582.jpg
そう 竹箒の種類がたくさんあるんです。
アスファルトやコンクリートの上を掃けるもの とか
土間を掃く もっと柔らかいもの とか
苔の庭を掃く ごくごく柔らかいもの とか・・・

浅草の浅〇寺 とか
奈良の法〇寺とかに直接納めてると言ってました。
注文が 毛筆の達筆で和歌が添えてあったりするとか・・・

そんな手紙もらったら額装してかざりたいね。

第一 竹箒にそれだけの情熱を燃やして
それだけのバリエーションを在庫してる店がそうそうあるとは思えない・・よね?
でも
禅寺なんかは すごい長い時間掃除するんだし(作務っていうのかな?)
道具が悪いと体を痛めることもあるそうです。

ほうきぐさのほうきもたくさん
a0157159_2349575.jpg


でも海岸屋が今回買ったのは これ
a0157159_23505357.jpg
しゅろ のほうき。

ほうきぐさのほうきってのは 畳の部屋のためにできたものだということで
それ以前の板の間の時代には この しゅろのほうきが主流だった とか。
「一生に3本」 というくらい長持ちするし
静電気でゴミがくっつくこともないし
しゅろ に含まれる油分で 長いあいだには床のツヤを増すのだそうです。

いいことづくめだな。

そして たくさんあるタワシは おなじく しゅろ製のもの。
普通のタワシは パームやしを材料にしているんだけど
それに比べてこれは柔らかいです。

作りもしっかりしているので 細かい毛が抜けたりすることもなくて
食品を扱っている業界の人が好んで使うんだそうです。


とまあ 知らなかったことばかりたくさん教えてもらって
こんな話が大好物の海岸屋ですから てぶらでは帰ってこれない というわけです。

そのうちに 使い心地もレポートすることでしょう。
ではまた。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-06-09 23:58 | お店 | Comments(0)

にわのわにいったんだよ

みなさん 土曜日はお仕事ですか?

お仕事の方はお疲れ様です。
お休みの方もそれなりに。(?)




さて
もう1週間もたってからではアレですけど
行ってきてたんです にわのわ。
a0157159_03317.jpg
ほら大盛況。
にわのわ って何だ? と言えば
とっても規模の大きい アート&クラフト展 in 千葉  かな?


前回の新築でお世話になった鍛造作家の メタルネコさんのブースで
秘密のかっこいい小物 を買ったり
一回食事をさせてもらった キレドさんのブースの超長蛇の列にびびったり
知り合いがいるシンパカフェでごはんを買ったりしました。
a0157159_074491.jpg
酵素ドリンク! 何だ?
これです。
a0157159_083242.jpg
酵素ドリンクを持っているのはお初にお目にかかる海岸屋の娘さんです。
まあ それはいいとして、

たくさんあったなかで 一番考えさせられたのは
cohakoさんという名のアンティークショップ。

店舗改装などもおやりになるようですが
やっぱりデザイン ですね。

アンティークショップの改装工事と
工務店の改装工事とでは違う分野なのかもしれませんが
でも 見習うべきところはある。
すくなくとも「戦っている」ように見えました。
逆に
「戦ってない」 ってのは 無難な仕事。
ルーティンワーク とか言うやつですかね?
勉強になりました。





おまけの写真はこれ
a0157159_0211741.jpg
何なの? とお思いでしょうが これが カワセミの止まり木。

海岸屋が近づくと 青い羽を羽ばたかせて飛んで行きました。
うーむ
いつかはカメラにおさめたいな。

では 接客業の皆様以外はゆっくりとお休み下さい。
海岸屋は接客業ではありませんけど 仕事がヒマでお休みざんす。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-06-08 21:58 | お店 | Comments(0)