海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
どんな自宅に住んでいるか..
by kaiganyafoo at 08:45
何故か 非公開コメントに..
by 余計なお世話かも at 21:07
確かにその方自体は友達で..
by kaiganyafoo at 08:53
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 01:34
通り土間さま 力強いお..
by kaiganyafoo at 01:17
ただいま帰ってまいりまし..
by 余計なお世話かも at 21:06
お疲れ様です。 通りす..
by 通り土間 at 19:42
刻み推しさま 本当に、..
by kaiganyafoo at 23:33
素晴らしい
by 刻み推し at 20:36
スパナさま ありがとうご..
by kaiganyafoo at 00:43
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:季節のはなし( 118 )


羽田上空まで参りましたが当機は米子に引き返します。

みなさん おつかれさまです。




海岸屋の住む東金は ほとんど雪が積もってません。
九十九里浜沿岸 という地域に限って ですがね。
のんきなもんです。



ですがね あいにく海岸屋は相当にパワーのある雨男でして
これが冬になると 「相当にパワーのある雪男」 になります。
(全身 毛が生えていて冬山を歩いたりは・・・しない)

なにしろ喜多方に行こう! と車で出かけたら
雪で東北自動車道が通行止めになったりします。
(もちろん引き返したりはしない)




今回も実は島根に行ってました。
そう
帰りの飛行機が 切符を買った便以外は雪のため 全便欠航。
「いやあ ついてるねぇ・・ 帰れるらしいよ。」 と喜んだのもつかの間

「羽田上空まで参りましたが当機は米子に引き返します。」 という
なかなかにドラマティックな機内放送を聞かされて
鳥取に引き返す という経験をしました。

もう
そのあとはフルコースです。
翌日の振り替えの便も欠航
されに振り替えの午後の便も大幅に遅れて
なんだか米子空港に住んでるわけじゃないんだけどなぁ 
という長期滞在型になりました。

羽田に着けばバスは運休
列車に乗ればダイヤの乱れと往復運転。

ただ帰ってくるだけでずいぶん大変な思いをしました。
やれやれ。


さて
そんな思いをして島根で何をしてきたのか と言えば

「たたら製鉄の見学」  これです。

今日はもう夜も遅いし ボチボチ載せていきますので
まずはご報告まで。

ではでは。

by kaiganyafoo | 2014-02-11 00:13 | 季節のはなし | Comments(4)

55年目の雨戸なのか

みなさん  おつかれさまです。



「うお! さむ!」
と目が覚めたのは浴槽の中。
もう一度追い焚きをしてあったまって
風呂から出て時計を見たら 夜中の2時。
どうもだいぶ長い時間 風呂で寝ていたらしいです。
(少なくともお湯がお湯でなくなるくらいの時間)

朝起きたら調子が悪い・・・






というわけで 今日は早く帰って寝ます。
写真はこれ。
a0157159_19173694.jpg

今 通っているお宅の納屋。
もう雨戸がばらんばらんです。
室内側から見ると スケ具合がわかります。
a0157159_19175596.jpg
ブルーシートをかけてあるのは 運び出した家具とキッチン・・ は
どうでもいいんですが この雨戸。

「今でも全然問題なく 指一本であけたてができる」

えらい!

大工がえらいのか 建具屋がえらいのか
手入れをしているであろう住み手がえらいのか・・全部なのか。

すぐ脇の柱にこう書いてある。
a0157159_19213863.jpg
お! 一年先輩だ。

「きっと先輩は 命が果てるその時まで かくしゃくとして役に立ち続けるだろうけど
私もそうなりたいです。」

「先輩にあやかって爪のアカでも煎じて飲みたいんですが爪がどこだかわかりません。」
「また明日来ます」
「押忍!!」

by kaiganyafoo | 2014-01-22 19:29 | 季節のはなし | Comments(0)

始動したのかしないのか

みなさん おつかれさまです。



(パソコンの引越し2) の自力完遂をあきらめて
長男にレスキューの申請を出した海岸屋です。

そしたら
メールの設定
セキュリティの設定
見積もりソフトのインストールなどを
仕事帰りの3時間くらいで2台分やっていってくれました。
いろいろあって面倒なのにな。
脇で見てて やっぱり自力では無理だったね と痛感しました。



さて 今朝は寒かった。
a0157159_22304681.jpg
車のフロントガラスがこんなふうです。
「その程度で寒いとか言っててどうする!」 という声が聞こえるようです。


今日は少し 早出して現場調査をしたのですが その帰り、
「てんのうさま」の前を通ったらおまつりの気配があったのでちょっと寄り道。
a0157159_22341064.jpg
市長もいて 議員さんもいて 神主5人 巫女2人 地元の役員は羽織袴です。
昔からある 飴や だるまも売ってました。

それから作業場に帰ったら 伐採。
a0157159_2237112.jpg
いつもお世話になっている方の土地だし
伐る人は これまたお世話になっている先輩だし。

電気もなく チェーンソーも持ってないので 手鋸と斧で倒しました。
まー息の切れること。
でもって
雑木の伐採は難しいねぇ・・
枝に引っ張られて あらぬ方向に倒れようとします。


ナラの木だからシイタケのコマでも打ち込めばいいのかしら。



その最中に仲間がトラックを借りに来たりなんかして
結局 今日の仕事はこれまででした。
本格始動・・・だったはずなんだけど
明日は雨模様のようだし デスクワークですかね・・

いろんなことが押せ押せになっていく気配に
若干不安な気配を感じつつ の正月7日は過ぎていく・・・のでした。

おーい
やらなくちゃいけないことを書き出したら
ホワイトボードが埋まっちゃったぞー
うーん
一個づつだよ。 一個づつ。

by kaiganyafoo | 2014-01-07 23:01 | 季節のはなし | Comments(0)

新年会は12時(間)

みなさん おけましておめでとうございます。
今年も (有)海岸屋ふーと数多くのメンバー(ウソ)
それから海岸屋ふー通信もよろしくお願いします。


まー ウチに食べるものがいつでもあるし
12時間連続新年会はやるし で
もうズボンがきつくなった海岸屋です。
と言っても こんな腹なんか いつでもへこませてみせますがね。 うん。
(みなさん 覚えておいて下さい この大口)

まだ三が日といって 心正しい日本人は働いちゃいけない時期ですので
気の小さい海岸屋は そそくさと家へ帰るわけです。
(ブログは事務所で書いてるのよ こそこそとね)

で 今年一回目だし 手抜きで行きます。
(旧)野鳥を喰う会
改称 縄文忌 という名前の新年会ですが話題は噴飯モノ
出てくる食材は・・
a0157159_18172868.jpg
酒です。 銘柄は 関下囃子。
ドブ〇クなんてぇもんじゃなくて 立派な清〇酒(〇を入れる場所が違うね)
a0157159_1821461.jpg
江戸時代から日本にあった 小蜜柑。

a0157159_18215320.jpg
イノシシの肉。
a0157159_18223336.jpg
御当地名物 祭り寿司(だったか?)
中ほどは バラの模様 両脇は ウマ だぞ。 干支にちなんで。
a0157159_18265672.jpg
外では そのご亭主がニワトリを〆てさばいています。
野鳥を喰う会のなごりだな。

使っているマナイタはちゃんとしたイチョウで
丸ノミの跡もうるわしいので持ち主に聞いたら 仏師の手になるものだそうで・・

a0157159_18303549.jpg
練り物 芝エビとイシモチ。

まあ そんなこんなで酒も飲まずに12時間(もちろん飲む人もつぶれそうな人も。)
久しぶりに仲間と やわらかい話にも 堅い話にも花が咲くわけです。
持ってきた食材でみんながそれぞれの分野で懸命に生きていると言うのもわかります。
で?
海岸屋が何を持って行ったかって?
はっはっは。

はっはっは。

まあ そういうわけで  本年もよろしく。

by kaiganyafoo | 2014-01-03 18:40 | 季節のはなし | Comments(6)

餅搗き

みなさん おつかれさまです。

例年 30kgの餅を一人で搗いて
次の日くたびれて休んでいる海岸屋です。
(今年はどうなんだ って話だ)


さて まだあたりが暗い時間からかまどに火を入れます。
a0157159_19315071.jpg
はいはい残念ながらトタンのかまどです。
これを重厚な土のかまどにすることを企ててはや数年
来年こそはかまどづくりを覚えたいです。
(話が脱線してますはいそうです)

a0157159_1938368.jpg
向こうに写っているのは やはりトタンのストーブで 
手前に写っているのはやはりトタンの臼・・なわけはないね。

臼の大きさというのは 中身がどのくらい入るかで表しますが 大半の臼は3升臼。
だが 3升臼には3升入らないことが多いんですね。
それは 「並3升」 という大きさだからで
本当に3升入る臼は「本3升」と言います。

これは中山競馬場の近くにいた(過去形)臼屋さんに聞いた話ですから
ほかの土地にはあてはまらないかもしれません。

毎年30kgの餅米を7回に分けて搗きますから
一回あたりは約3升になりますが
ウチの臼は余裕のよっちゃん。
たぶん5升でも入ります。(自慢)
(はいはいまたも脱線ですはいそうです)

はい 搗いています。
a0157159_201054.jpg
・・・って あれ?
搗いているのはイラン国籍 南北アゼルバイジャンの統一を願うA君です。
こねているのは4臼目にしてリタイアした 海岸屋54歳です。

昭和19年渋谷生まれのNさんから
平成25年生まれのHちゃんまで幅広い参加 
あるいは
身長190cm超の人から
体重115kgの人まで 幅広い参加・・・ まーそれはともかく
後半 お供え餅を作る の図
a0157159_2084528.jpg


食事ターイム。

あんこ餅 からみ餅 なっとう餅 はば海苔餅 
生ハム餅(!) チーズフォンデュ餅(!!)
和洋折衷 餅の乱れ喰いだぁー!!
(当然喰うに忙しくて写真なぞ撮ってるわけもなく・・)

a0157159_2014733.jpg
戦い済んで日が暮れて・・
当然のことながら足腰にきている海岸屋でした。

今年は海岸屋に仕事をさせたぞー っと言う方
今日明日中には かくなる餅が届くでありましょう。
心してお待ち下さい。

では。

by kaiganyafoo | 2013-12-28 20:17 | 季節のはなし | Comments(4)

海岸屋特製ツキミモチノモチby臼杵

みなさん おつかれさまです。



冬至が過ぎたのに日が伸びないぞー
責任者連れて来い・・・
と タチの悪いクレーマーみたいなことを言ってる海岸屋です。
寒いし。

この通りももひきなど はいてないです と裸のスネをまくって見せたら
そんなもの見るだけで寒くなる と非難されたりしてもいます。
寒いし。




さて 有限会社海岸屋ふーは 実質今年の現場はおしまい。
あとは 作業場の片付け プラン 見積等・・・

お!!
そうです 餅つきがある。
a0157159_22195994.jpg
これは用意したもち米 ツキミモチ。
この素晴らしいもち米があればこそ 毎年海岸屋のお餅は絶賛されるわけです。
臼と杵とで搗くせいもちょっとはあるかな・・

これバンド仲間のD君とこから分けてもらってるんですが
そこは毎年 すっごい量のお餅を搗いています。
a0157159_22325974.jpg
どんどんできます。
餅屋じゃなくて農家なんですけどね。 ここ。



「お餅 食べていきなー」 と言われて
「いつもすみませんー」 と言って食べる海岸屋一味
遠慮しろって話だ。
a0157159_22362622.jpg
餅 はば 柚   うーん完璧かもしんない。
ごっつぁんです。

千葉でもごく一部 この辺では 「はば」 がないと正月が来ない。
さて
「はば」とは何か?
28日の大餅つき大会(毎年恒例)には明らかになるであろう。

by kaiganyafoo | 2013-12-25 22:44 | 季節のはなし | Comments(1)

戦争を終わりにできる。

みなさん おつかれさまです。

クリスマスイブ ですが
みなさん いかがお過ごしでしょうか。

海岸屋は8時近くまで現場(とはいえ普通のお宅・・スミマセン)にいて
急いで家に帰って家族とご飯をたべて
また事務所に出てきている という展開です。
(まじめなんだかバカなんだかわかりませんね)

家へ帰った証拠写真
a0157159_23142260.jpg
妻と娘に。
中身はこうです。
a0157159_23162349.jpg
悩みも多い時期だろうけれども せめて夜はゆっくりと休んでください・・・的なバク。


a0157159_23175732.jpg
こっちは娘へ。
家の形をしているのが気に入った。




さて
クリスマスの歌で ジョンレノンは こう歌ったそうです。

「戦争を終わりにできる。 もし君が望むなら。」

初めてこの歌詞を聴いたときに
海岸屋は目の前が明るくなるような気がしました。
そう 私たちが望むならば 明日にでも戦争を終わりにできるんです。

海岸屋はキリスト教徒ではありませんから
本当のクリスマスの意義をわかってはいないのかもしれませんが
こんな歌をみんなが聞くことができる夜があるならば
それだけで十分意味のある事だと思います。

みなさんもいい夜をお過ごし下さい。

by kaiganyafoo | 2013-12-25 00:18 | 季節のはなし | Comments(2)

父の日

みなさん 日曜日です。
そして父の日なんです。

海岸屋はさっき知りました。
昔からうかつなもんですから といっても度が過ぎてますな。
a0157159_22511761.jpg
娘が焼いてくれました。(大威張り)。
そして買ってくれた本がこれ
a0157159_2253197.jpg
やー すっげえなこの本。
ありがたく頂戴します。
勉強します。

海岸屋が20年近く前に建てた自宅は
健康住宅といっていいと思います。
ベニヤ 新建材 ペンキ などの石油化学系のものを排除してあります。
苦労したんだ 実際。

この本のサブタイトルみたいに
「神様が宿る家」なんかじゃないけど。

そこで育った3人の子ども(もう大人)が自慢ですがね。


おまけの写真
これは作業場に落ちてた葉っぱ。
a0157159_22572880.jpg
なんで一枚だけこんな色だったのかわかりませんけど。

休みの日ですからあっさりと。
また明日。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-06-16 23:05 | 季節のはなし | Comments(0)

ゴールデンウイーク

みなさん お疲れ様です。

ここのところブログをお休みしていたんですが
あんまり休みっぱなしだと 海岸屋具合悪い説が浮上してくるので
ちょっとご挨拶です。




今年のゴールデンウイークは まーいい天気で
「俺は休みじゃないよ!何がゴールデンだよ!」 という怒りの人にも
「いやあ この陽気 まさにゴールデンではないですか」 
と答えることだってできるくらいですな。
ホント この季節のすばらしさってのは まあ アレです 一等賞です。(?)
ですが
例年 この季節はあんまり体調がよくなくて
そのわりにはたくさんの用事やら仕事やらがあるもんですから
こんな写真を載せてお茶をにごしたりなんかしてみます。
a0157159_0122896.jpg
この手前真ん中の本
中村好文さんの 「小屋から家へ」 の中に 「方丈記」についてのくだりがあったもんで
手近にあった方丈記を開いてみました。

岩波文庫 昭和3年発行で 定価20銭です。


明日の現場も難工事の現場なので
良い子の海岸屋はもう寝ますが
それぞれの本の感想は追々に。

久しぶりの更新なのに
ダラダラ模様でまったく申し訳ない。
ではまた。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-05-08 00:22 | 季節のはなし | Comments(0)

その名はリージャンロードクライマー

みなさん いかがお過ごしですか。

海岸屋は 朝早く見積もりと請求書を作って
そのあと 一日作業場の片付け。
天気もいいし 鳥の鳴き声もするし。

(仮)事務所スペースの床を張り終え
場所をとる長持ちを天井に上げて
ヘビー級の神棚を吊って
道具棚を組み立てます。
でも
まだまだまだまだ やることはいっぱい。
理想的な状態から比べれば20%くらいでしょうか・・
8時ごろにはくたびれて家に帰ります。
a0157159_22465488.jpg
ウチの長男はバラに凝ってて そして今はバラの季節です。

食卓に飾ってある花を見て
これはなんて名前? と聞いたら 返ってきた返事が
リージャンロードクライマー

・・むむむ その口からでまかせみたいな単語はなんだ? ともう一度聞けば

リージャンは中国の地名
ロードは道端で見つかったから
クライマーはつるばらのこと。 と説明されると
おお
たちまち 脳裏にロマンチックな風景が広がるではありませんか。

興が湧いて外に出て 夜間撮影を試みます。
a0157159_2304351.jpg
満開もあり つぼみもあり
なるほど夜になってもときどき外で花見物してる気持ちもわかります。

覚えてしまえばいい名前です。
その名はリージャンロードクライマー

ではまた明日。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-04-29 23:13 | 季節のはなし | Comments(0)