海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
公式サイト
最新の記事
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
サヨナラ数寄屋
at 2016-11-29 20:55
最新のコメント
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
正直なところ、年期の入っ..
by kaiganyafoo at 11:26
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

森まゆみ著 東京遺産

ここんとこ買った本は当りが多いな。
自分だけの当りはずれだから
他の人がどう思うかってのとは 違うだろうけど。

アマゾンで本を買うと どうしてもはずれもあるな。
本屋で買えば はずれをひかないかわりに
いなかの本屋だけでは 読みたい本に出合えないし。

a0157159_1148216.jpg

この本は 谷根千(谷中 根津 千駄木)という
地域雑誌を出していたことで知られる森さんが、
歴史的建造物の保存運動にかかわってきた20年の記録をまとめたものです。

上野の奏楽堂
東京駅
岩崎久彌邸
丸ビル
日本工業倶楽部 などなど。

これは移築になった奏楽堂
a0157159_1212189.jpg


これは修理工事をしている去年の9月の東京駅
a0157159_1215037.jpg



読むと あーそうだったのかー というような話がいっぱいあって、
古い建物を建て替えるたびに ダメになるじゃないか!と
怒ってばかりの 海岸屋も 勉強になりました。

ちなみに 海岸屋が行ってみたなかでは
岩崎邸や 奏楽堂のように ほぼそのまま残っているのが一番なんですが
その他では 上野の国際こども図書館や
日本工業倶楽部の再生活用が 好感が持てます。

この本を持って 東京ウオッチをしたくなる そんな本です。
蛇足ですが、
江戸城外堀物語 北原糸子 ちくま選書
大名屋敷の謎  安藤優一郎 集英社新書
大江戸お寺繁盛記 安藤優一郎 平凡社新書
あたりの本を読むと 複合的に理解が進むかもしれません。

今は 
江戸はこうして造られた 鈴木理生 ちくま学芸文庫
明治の東京計画 藤森照信 岩波現代文庫
を読んでいます。
どちらも とてもいい本だというのは
ちょっと見ただけで わかります。
読み終わったら いづれここで紹介します。

by kaiganyafoo | 2010-01-22 12:14 | 読んだ本 | Comments(0)
<< 証言・町並み保存 海岸屋ふーの見積もり >>