海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
嵐を呼ぶ上棟
at 2017-11-13 20:13
今どき手刻みで家を建てる理由..
at 2017-09-27 19:15
「は」号作戦 そろそろ終盤
at 2017-08-20 19:02
ちゃんとした納屋 別名ハ号作..
at 2017-07-31 18:40
夏の御宿
at 2017-07-22 19:07
最新のコメント
余計なお世話かもさん ..
by kaiganyafoo at 09:19
新しく仲間になった 機械..
by 余計なお世話かも at 21:41
どんな自宅に住んでいるか..
by kaiganyafoo at 08:45
何故か 非公開コメントに..
by 余計なお世話かも at 21:07
確かにその方自体は友達で..
by kaiganyafoo at 08:53
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 01:34
通り土間さま 力強いお..
by kaiganyafoo at 01:17
ただいま帰ってまいりまし..
by 余計なお世話かも at 21:06
お疲れ様です。 通りす..
by 通り土間 at 19:42
刻み推しさま 本当に、..
by kaiganyafoo at 23:33
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

修行

今日は寒い日だった。
あられが降ったり 雪が降ったり。

私と大工さんは 木造の事務所を作っているけど、
隣では 鉄骨の倉庫の 基礎工事をしている。

親子二人で 生コン打ちをして、
そのあとを鏝(コテ)でならしている。

3時になったので
あったかいお茶を4人分買って
基礎工事の親子にも 持って行くと
「あー ありがとうございますー でも これだけやっちゃわないと・・。」
と言って 手を休めない。

いざ、仕事が一段落すると、
親の方は「ごちそうさまでした、すみません お先に。」
と言って 帰ってゆく。
子の方は 寒いなか 水を使って もくもくと道具を洗っている。
やはり お茶には 手をつけない。
もっとも、もう冷めているだろうけど。

一緒に仕事をしている大工さんは
40代前半の年齢ながら、地元じゃ有名な名門大工に
昔ながらの住み込みで修行をした人なので、
「みんな あんなところを 通ってくるんだよ。」 と言う。

でも、子どもに道具の手入れをさせながら
自分は先に帰るような厳しさを持った職人が、
今はそんなに多くない事を 本当はみんな 知っている。

そして、たいていの場合、子は 親ほどの腕には なれないことも。

寒いなか、一人で現場に残って
水をつかいながら 道具を洗う 息子の気持ちは 正確にはわからない。
でも 私は 心の中では 繰り返して言う
「がんばれがんばれ」
「がんばれがんばれ」

by kaiganyafoo | 2010-01-13 22:09 | 工事 | Comments(0)
<< 鏡開き 大工道具の滅び >>