海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
川越さん ありがとうござ..
by kaiganyafoo at 02:22
すげ〜っ! 砥泥もほと..
by 川越 at 20:20
白石さんは知ってますよね..
by kaiganyafoo at 07:17
それは 白石さんに聞いた..
by 余計なお世話かも at 22:33
っすね。 昨日、製材所..
by kaiganyafoo at 07:05
携帯の電源切ってても  ..
by 余計なお世話かも at 21:04
これは砥石が柔らかいから..
by kaiganyafoo at 22:01
先日、初めて縦研ぎで 鑿..
by 余計なお世話かも at 21:24
ブログへの コメント あ..
by soken-t at 00:52
soken-tさま こ..
by kaiganyafoo at 20:03
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

吉村順三

みなさん おつかれさまです。


わけあって かなりクタクタの海岸屋です。
体力回復月間で いくつかのこころみをしてるんですが
まだまだ効果は出てないようです。
クタクタだ・・・



さて 吉村順三 とは何事か ということですが
ここ 吉村順三記念ギャラリーに行ってきました。
a0157159_21235287.jpg
チラシは吉村順三展のチラシ (あっ 今日までだった)
冊子は吉村事務所で設計した宿泊施設の小冊子
絵葉書は入場券になってるんです。
今 海岸屋ふーの事務所の神棚にお祀りしてあります。
(ご利益がありますように・・・)(吉村大明神・・?)

そして・・
a0157159_21304982.jpg
たてたてよこよこ・・
そして数字・・

そうです 吉村障子です。

神楽坂建築塾で講義をしていただいた日高先生もご在籍だったので
いろいろとご教授いただきました。
事務所の先生方もいらっしゃって、ちょっと裏側気味の話もフランクに・・・
ありがとうございました。


建具屋さんも那須から来てくれて打ち合わせ。

若いころ姫路に度々仕事に通っていて 帰り道は京都で一泊。
「当時 柊屋にはおもしろい建具がはいっていたねぇ・・」 と。
うーん
S藤さん、 このあいだは定宿は俵屋だったって言ってましたよね。
向い合せになるらしいじゃないですか。
たまに浮気っすか。
炭屋が出てきたらそろい踏みっすか。
むー
a0157159_2155380.jpg
これは建具屋さんのおみやげ。
桐箱を作ったけど湿気でアレだったんでマホガニーの外箱を作って入れた とのこと。
マホガニーっすか。
触ってみるのははじめてっす。
あざーっす。
いや 打ち合わせ。

まー
そんなこんなで日は暮れゆくのであった。(なんだ?)



おまけの写真は男前とうふ。
a0157159_2233636.jpg
内容等の説明の最後に 「本物の男前はあなたを裏切ったりしない」 
とよくわからない事が しれっと書いてあります。

いつも思うんだけど これってとうふというより
何か別の嗜好品じゃないかなぁ・・・

うっかり食べ物で知ったかぶりをすると危険な海岸屋でした。
ではまた。

by kaiganyafoo | 2014-07-06 22:07 | 海岸屋ふーの流儀 | Comments(4)
Commented by エコビレッヂ八百剛 at 2014-07-08 10:20 x
休むのも仕事のうちだよ、
人の事は言えないか。
Commented by kaiganyafoo at 2014-07-08 17:14
うーん
ダラダラと仕事してる気がしますね。
夜9時終了が目標です。
Commented by まめたん at 2014-07-09 12:34 x
お疲れ様です(^^ )

建具もかなりのバリエーションがあり、かなり芸術性が高いですよね(ΦωΦ)

自宅の建具を製作しておりますが(建具屋さんが)予算は既にマイナスゾーンをまっしぐらですので、ある材料・手が掛からない意匠と貧乏人ならではの苦労をしています(^。^;)

座敷の仕切り戸は素晴らしい板やら変わった組子やらと夢を観ておりましたが…現実は狭い板を横使いに襖となりそうで…(x_x)

せめてもの抗いに本襖にはしてみる予定ですが…
Commented by kaiganyafoo at 2014-07-11 18:39
まめたんさん
アメリカへ行ったり 自宅を建てたり 大活躍ですねー

襖はちゃんとしたものを 今度やらせてもらえるかもしれません。
楽しみです。
<< 経師屋さんという仕事 何度目かのホウキ自慢 >>