海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
神楽坂建築塾に学ぶ
at 2017-06-13 20:35
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
最新のコメント
川越さま 山で木を伐っ..
by kaiganyafoo at 09:01
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

数寄屋研究やや進展

みなさん おつかれさまです。




海岸屋は昨日 親方のところに行って
お客さんを交えて打ち合わせ(かな?)をすること6時間以上・・・!
もう ふらふらです。
a0157159_19181022.jpg
これは親方の事務所。
ええ 工務店ですよ。 これでもね。

そして今日もふらふら海岸屋。
二日酔いならぬ 二日バテ。

いかに営業に向いてないか って話だ。 とほほ。
(ナニモノカ を偽っているのかなぁ・・)








さて 数寄屋研究文献編なんですが
とりあえず杉本博司さんのことは一段落することにします。
雑誌が2冊 本が2冊 DVDが1枚
全体像がやや掴めてきました。

ポストモダン以降 (ロストモダンだそうで・・) の時代を生きるモダニスト ですかね。
そのモダニストが作る数寄屋ですから 普通ではない。
「芸術家ぶって・・」と言われることも恐れない。
だって 最初から現代美術家なんですからね。
まあ 
アーキテクトがエンジニアじゃないって言っても
本来はびっくりするようなことでもないんだろうけども・・

「建築家は芸術家ですよ?」 と建築家に堂々と言われたこともあるけど
「は はぁ・・・」 と眠たいような返事しかできませんでしたね。
正直・・・ねぇ?
(何が ねぇ? なんだか・・)
a0157159_1937337.jpg
はい この本
「空間感」 
ってなんて読むんだ? クーカンカンでいいのか?
そんな日本語あるんか?
副題に sense of space とあるから それの直訳か?
(むー センスオブスペース・・横文字に弱いっす。 かっこいいかも)

それはさておき なぜ2冊?

たくさんの社員が回し読みするから → ×
運命に導かれてすでに買ってあった → ×
すでに買ってあったからそんな仕事が来た → ×
買ってあったのを忘れてまた買った → ・・・・
ええ
まあ 社員№ Aー18 がジャケ買いして読んでなかったかも・・
そうとは知らず K-54(俺おれ)が 得意の泥縄芋づる読書でまた買った(らしいです)

こんなことでは先が思いやられるなあ とお思いの方々(複数!)
このくらいでびっくりしていてはいけませんよ。
かつて海岸屋が数千冊の蔵書(?)を整理していて
同じ本を4冊見つけたこともある・・
しかも30代にね。 (自慢か?)




あとは実物見学でIZU PHOTO MUSEUM と
素透撫 とに行ってみたいです。
小田原文化財団は 今どんな具合なのかな・・・

ともあれ 我ながら勉強家でえらいなうむうむ。
これで現場に反映すれば もっといいけどな うむうむ。
自画自賛しつつ 今日はそんなとこで。
では。

by kaiganyafoo | 2014-04-28 20:39 | 読んだ本 | Comments(0)
<< ムクなら捨てない 板金屋さん三代 >>