海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
神楽坂建築塾に学ぶ
at 2017-06-13 20:35
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
最新のコメント
川越さま 山で木を伐っ..
by kaiganyafoo at 09:01
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

霧除け 戸車 鴨居

みなさん おつかれさま・・・ですか?
週休二日の方 いいお休み・・ですか?


今日 夕方に地主から呼び出されて ナニゴトカ と行ってみたら
「この世はあと7~8年で終わるから云々」 と語られた海岸屋です。
はいはいはーい
その話は百回聞きました。

何の事だかわからないって?
それはワタシもご同様。
例え世界が明日終わるからって 海岸屋はいつも通りにやるってーの。
な? (誰に言ってんだか)






さて 霧除け は 「きりよけ」 と読んでね。
これです。
a0157159_22572884.jpg
窓とかの開口部の上についてる小さな屋根ね。
これは和風。

って言うか これは霧除けを延長してるところです。
手前の方だけ材料が新しいでしょ?

ドアをひとつつけたのでその分延ばしました。


はい 次は戸車  これは 「とぐるま」 と読めますね?
国語の時間ですよ。
a0157159_2343341.jpg
引き戸の動きが重いって
これじゃあ重いわね。当然。割れてるし。

なんでこうなったかって 重いんだね 戸が。
a0157159_23103615.jpg

少し厚めの一枚ガラスだし。 建具は大きいしね。
(ちなみに組鑿は正芳ざんす いいべ?)

ちょっと丈夫なやつに交換
a0157159_23113527.jpg
交換したら快調。




そして最後は鴨居。(かもい   だよーん)
a0157159_2313445.jpg
この鴨居が少し下がって建具の動きがきつくなってた。

天井裏に入ります。
a0157159_23203325.jpg
広いねー
今だったら ここのスペースを有効利用! とか言いそうだな。
さっきの鴨居の真ん中にあった吊り束の上半分がこれ。
a0157159_23221696.jpg
この束が下がってました。
これを元通り上げて終了。


どれもそんなに難しい仕事じゃない。
何が言いたいかっていうと
修理が容易な木造建築を 繕いつつ住むのがいちばんお利口だぜ って話。

お前に利口かバカかの判定をされたくない って思うかもしれないけど
でも この手の修理 手直しは 早いし 安いし 簡単。

ここの家だって 壊して建て替えるのはすぐできるだろうけど
新しい家は かえって安いものが建つのが普通。
値段は高くとも
素材はニセで 加工や取りつけに手間をかけてない、 そんな家が建つと思うよ。
はい
手間をかけなきゃダメなんです。

限界まで来た 安いもの競争の住宅が普通の仕様になってるけど
そんな品のないものに住んでるとダメになりますぜ 人間が。



さて おまけの写真は 手間のかかるものつながりでこれ。
a0157159_23395689.jpg
そう たんぼ。

こんな数センチの誤差で平らにするとかって言う農業土木の技術
そこで行われる コメ作り (八十八の手間だってよ?)
そしてここは十枝の森の前のたんぼ。 水を引くのにも営々とした手間がかかってます。
そう
今年も田植えがはじまりました。

家もたんぼも(人間も) 手間をかけなければ いいものができません  って話でした。
ではまた。

by kaiganyafoo | 2014-04-19 23:48 | 工事 | Comments(0)
<< 再読 私のように黒い夜 数寄屋 >>