海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
公式サイト
最新の記事
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
サヨナラ数寄屋
at 2016-11-29 20:55
最新のコメント
川越さま 山で木を伐っ..
by kaiganyafoo at 09:01
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

残念 またも解体 土壁編

みなさん おつかれさまです。


我が家のワンピースのペーパーも何巻目かになって
「背中の傷は剣士の恥だ!」 とかセリフ入りになりました。

拭いちゃうんですけどね・・
ちょっとモヤモヤ感ありつつも。






さて
大不人気 解体工事。 
a0157159_21572461.jpg
昔の大工と左官屋は美しいものを残してくれています。

壁の一番上は 小舞に荒壁 裏返しなし
その下は ワラがいっぱい入った中塗り
その下はちょっとだけ見えるムラ直し
その下は 繊維壁(!)


これはトイレの間仕切り壁と天井とを壊して見えたものです。
今まで たぶんちゃんとは誰も見ていない。
何十年も。

というのは 
仕上げの繊維壁よりも その下地のほうが美しいだろ? っていう
そんな感性が最近のものだからです。

少なくとも 昭和2年生まれのウチの父親は
中塗り壁仕上げをはじめて見たとき 「途中か?」 と尋ね
「仕上がりだ」 と返事をしたのに対して
「はっはっは まさか」 と答えました。

けれども
その土地の土を使って
そこの家の人が育てた稲ワラを混ぜ込んで
地元の左官屋が塗った  
そんな壁よりも美しいものがそうそうあるわけもない・・と
今の感覚ではみんなと共有できるようになってきた そういうことだと思います。

それを補強できるかどうかわかりませんが
今年 年男 ヒノエウマ(!)のイランのA君も
「国のおばあちゃんの家の壁と同じだねぇ・・ いいねぇ。」 とは言ってました。
国際的な感性なんですよ?
(アテにはなりません 当然ながら。)




一日 土壁解体やななんやらやって それを近くで見ていた彼は・・・
a0157159_22234844.jpg
うおーい  積もってる!
積もってますがな。
防水だからって買ったスマホ 充電口のフタは閉まりませーん。 とほほ。



こうやって 壊してからでないと 新しいものが作れないのよ。
じゃあ そういうことで。
ん?
短い?
だからね 
疲れるのよ 壊しの仕事は。
ではでは。

by kaiganyafoo | 2014-01-17 22:32 | 工事 | Comments(2)
Commented by まめたん at 2014-01-18 12:16 x
お疲れ様です(^^)

解体作業…確かにルンルンでする、したい作業ではないですよね(^。^;)

    
埃、匂い、道具を使えば刃こぼれの原因の釘ちゃんが潜んでいたりで(/_;)
Commented by kaiganyafoo at 2014-01-18 21:50
解体工事に連れて行く鑿は2軍だったんですが最近ではハイス鑿。
刃こぼれしたときはグラインダーでガリガリと削っちゃうよー
と思ったんですが いまだに手で研いでますね。
<< 本棚を作りたい 模型を使って打ち合わせ >>