海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
公式サイト
最新の記事
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
サヨナラ数寄屋
at 2016-11-29 20:55
最新のコメント
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
正直なところ、年期の入っ..
by kaiganyafoo at 11:26
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

娘の部屋だとて戦わねばなるまい

はい みなさん今晩は。

a0157159_2234384.jpg
一昨昨日あたりから急にバラの可憐さに胸を打たれるようになった海岸屋です。
クレームにやっつけられて帰ってきた昨日あたりはことさらです。
花はいいなあ・・・(ちょっとナーバス入ってます)






さてグチはいいんですが娘の部屋。
床を張り終えて次の工程なんですが 気づいてしまった。

娘の持ち物に比べて部屋が狭くて
さらにこの部屋には収納らしい収納がない。

さて。

「パン屋の手紙: 往復書簡でたどる設計依頼から建物完成まで 」 という
長い名前の本を読んだ余韻のせいもある。    中村好文さんの本です。

当初 決まった考えがあって作り始めたわけではなくて
とりあえず床を張って 次に天井を平らに組んで
それから壁に石膏ボードを張って・・・と普通の手順を漠然と算段してたんですが
ベッドを置く場所はこの辺で パソコンの端末はここ、と設定を詰めていくにつれて
んー
机の前は漆喰じゃなくて板張りにしたほうがいいかな とか
サッシ枠はつけないで 窓台を少し大きめにして他の三方は塗り壁巻き込みで とか
そりゃあまあ 少しづつ欲は出ますよね。
でも
それがお前の精一杯か と聞かれるとそんなことはない。
家族の部屋だからといって自由は利くけど流してる部分もある。
でも それでいいのかな? という疑問が・・・

結論から言えば やれるだけやらなくちゃいけない気がする という事です。
病(やまい)は再発しつつあるのかもしれない という事でもある。
こんなことだから30代半ばに3年半もかけて自宅をつくるはめになったんだし
その後17年もの空白期間が出来たりもするんでしょう。

さてどうなることやら
我ながら着地点が見えません。
床を張り始めたときはこんなだったのに
a0157159_2381731.jpg

今はだいたいこのくらいです。
a0157159_2385484.jpg
え?
何の話かわからない?
季節の話でないことだけはたしかです。

もやっとした余韻をそのままにして 
また明日です。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-05-01 23:11 | 読んだ本 | Comments(0)
<< ゴールデンウイーク その名はリージャンロードクライマー >>