海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
川越さん ありがとうござ..
by kaiganyafoo at 02:22
すげ〜っ! 砥泥もほと..
by 川越 at 20:20
白石さんは知ってますよね..
by kaiganyafoo at 07:17
それは 白石さんに聞いた..
by 余計なお世話かも at 22:33
っすね。 昨日、製材所..
by kaiganyafoo at 07:05
携帯の電源切ってても  ..
by 余計なお世話かも at 21:04
これは砥石が柔らかいから..
by kaiganyafoo at 22:01
先日、初めて縦研ぎで 鑿..
by 余計なお世話かも at 21:24
ブログへの コメント あ..
by soken-t at 00:52
soken-tさま こ..
by kaiganyafoo at 20:03
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

梅雨入り!!

ええ
もちろん梅雨入りざんす。
海岸屋的にはね。 (サギ同然だな)

もー
静かな雨が降ってます。
これぞ梅雨という雰囲気の雨。

今建てているすまいは
玄関を含む下屋部分には雨樋がありません。
だから
軒先がら雨が落ちる。
a0157159_13324152.jpg
この写真の低い方の屋根ですね。

落ちた雨は竿石と砂利で作った雨落ちに落ちて 排水されていく。

雨の日に玄関に出入りするときは
軒先側からは入れなくて
妻側から入るようになります。


なんでこんな手の込んだことをするのか。
雨樋つければ全部解決 なのにね。

それはひとえに雨の日のため。

軒先から落ちる雨だれの音。
玄関を出て深い軒下に立ったときの眺め。

自分はすまいに守られている ということを
つよく感じるはずなのです。
そして 雨を美しいと感じるかもしれない。

これは
すまいの機能のひとつ。

外国の有名な建築家は
「家は住むための機械だ」と言ったそうですが
たしかに現代の住宅はあらゆる機能を要求されてはいるのですが
同じ機械としての性能があるのであれば
そこに味わいがあってほしいもの。

まー
雨樋ひとつで能書きが長すぎるんですけどね。


a0157159_13345148.jpg
何を作ってるんだかわからないナニモノカ。
出来上がったんですがね。

照明器具を上下させるための機械が入る。・・・のかな?

さて
また明日です。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-06-09 20:00 | 季節のはなし | Comments(0)
<< 聖橋を見上げる 何を作ってるんだっけ >>