海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
余計なお世話かもさん ..
by kaiganyafoo at 09:19
新しく仲間になった 機械..
by 余計なお世話かも at 21:41
どんな自宅に住んでいるか..
by kaiganyafoo at 08:45
何故か 非公開コメントに..
by 余計なお世話かも at 21:07
確かにその方自体は友達で..
by kaiganyafoo at 08:53
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 01:34
通り土間さま 力強いお..
by kaiganyafoo at 01:17
ただいま帰ってまいりまし..
by 余計なお世話かも at 21:06
お疲れ様です。 通りす..
by 通り土間 at 19:42
刻み推しさま 本当に、..
by kaiganyafoo at 23:33
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

吉村順三 住宅作法  太田邦夫 エスノ・アーキテクチュア

春っすねー
彼岸だから 寒さもおしまい。
と一応言い切っておきましょうね。


さてさて
昨日一日自宅にいた海岸屋は
いつものことですが本を読んでいました。

一冊は読了
a0157159_2137152.jpg
久しぶりに もったいない というかんじの本でした。
もう むしろ読ませたくないな。
秘密にしておきます。

定価で1900円の本が
古本で8000円も9000円もするって
それはまたなんでなんだろう と思いつつも買ってしまったんですが。

中村好文さんは 吉村順三さんのお弟子さん と言って良いかと思いますが
そのせいばかりでもないんでしょうが すばらしいインタビューになってます。
リラックスして楽しそうだし
設計を縦横に語って倦むところがない といった雰囲気。
これはいただき!というネタも拾い放題です。


さて この本はまだ読みかけ。
a0157159_21533825.jpg
太田先生は 直接講義をうかがったことがあります。

まー
なんという情報量 と思いました。
それはこの本を見ても同じ。
フィールドワークの範囲の広さ
採取したデータのきめのこまかさ

ちょっとやそっとでは眺めきれないほどの膨大なデータです。
ほんとは何冊も本が書けるくらいの情報ですが
それが一冊にまとまっているから 贅沢ですね。

毎日ちょっとずつ読みたい。
ヴァナキュラーを語るならば必読だと思います。
立派なお仕事をなさっていて
大尊敬です。

やっぱりアレですね
ネット購入もいいけど
やっぱり本は本屋で買いたい。
こんな大当たりがあるんですもの。

海岸屋は二冊ともちょー面白かったけど
誰が読んでも面白いか というと全然わからないっす。
でも敢えていうけど
お勧めです。二冊とも。

今日はそんなとこ。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-03-19 22:20 | 読んだ本 | Comments(4)
Commented by O at 2012-03-19 22:47 x
なんだか興味深い2冊ですね。僕も読んでみたいです。
先日の明倫館書店での購入でしょうか?
Commented by kaiganyafoo at 2012-03-20 20:13
住宅作法の方は明倫館です。
アマゾンでみても9000円くらいしていますね。
高いなぁ・・
エスノ・アーキテクチュアはニッケコルトンプラザの
福家書店だったと思います。
こっちは新刊でも買えます。

ちなみにエスノというのは
エスニックと同義語ですから
そんな建築がお好きな方にはたまらないです。
Commented by カールおじさん at 2012-03-21 17:26 x
ごぶさたしています。『エスノ…』は少々関わった本なのでうれしくなりました。と、思っていたら太田先生がふらりと事務所に立ち寄りました。ので、今日出たばかりの千葉の大工さんのブログですよと、先生にコピーを見せました。神楽坂で会った人かなあーとおっしゃってました。うれしそうにコピーをたたんで先ほどお帰りになりました。
Commented by kaiganyafoo at 2012-03-21 20:55
ご無沙汰しています カールおじさん さん。
今回はあとがきにお名前がありましたので
奥付をみて確認していました。

すばらしい本をお作りになっていて
ご活躍のご様子 なによりです。

太田先生は神楽坂で講義をうけました。
感銘したあまり 打ち上げの席で先生の個人的な
テキストをお借りしたいと申し出た無作法者は私です。
あのテキストは研究熱心な先輩の大工さんと一緒に読みました。

その節は失礼しました。
太田先生にこのブログのコピーが渡るなんて
思いも寄らない展開ですが ファンがここにもいる と
伝わったとすれば本望でもあります。
ありがとうございました。
<< 桜だったり 鉋の刃だったり 市川風景 >>