海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
嵐を呼ぶ上棟
at 2017-11-13 20:13
今どき手刻みで家を建てる理由..
at 2017-09-27 19:15
「は」号作戦 そろそろ終盤
at 2017-08-20 19:02
ちゃんとした納屋 別名ハ号作..
at 2017-07-31 18:40
夏の御宿
at 2017-07-22 19:07
最新のコメント
余計なお世話かもさん ..
by kaiganyafoo at 09:19
新しく仲間になった 機械..
by 余計なお世話かも at 21:41
どんな自宅に住んでいるか..
by kaiganyafoo at 08:45
何故か 非公開コメントに..
by 余計なお世話かも at 21:07
確かにその方自体は友達で..
by kaiganyafoo at 08:53
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 01:34
通り土間さま 力強いお..
by kaiganyafoo at 01:17
ただいま帰ってまいりまし..
by 余計なお世話かも at 21:06
お疲れ様です。 通りす..
by 通り土間 at 19:42
刻み推しさま 本当に、..
by kaiganyafoo at 23:33
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

初めて見る継ぎ手なんだよ

みなさん 日曜日です。
ちゃんと休んでますか?

「俺は修行中だから人並みに休んでなんかいられない」
と言う人は例外的に頑張ってください。
海岸屋もそうします。


さて昔読んだ「美味んぼ」というマンガの中で
各地のお味噌の味ですったもんだする という話があった気がします。
でも
ここのところ うちの奥様がお作りになられるところの
八丁味噌の味噌汁がとってもうまいのでびっくりです。
ほとんど飲んだことがなかったのに。

第一 麹が入ってない味噌なんて 信じられません。
味噌になるのか? って なるんですよねちゃんと。
「豆味噌」ですって。
ぷっ 変なの。 っていうけど これがうまいんだってば。

頭 固くしちゃいけないね。

長い前フリですけど これもそうです。
a0157159_005231.jpg
ほおら 変わった継ぎ手だ。
海岸屋は知らなかったな。

この真ん中にボルトを入れて引っ張る。
気に入りませんか?
釘を一本も使わない とかいうロマンチックなお話がお好き?

じゃあ
日本一の某大工さんが考案して
東大教授の故村松貞次郎さんが強度試験を実施して
あらゆる継ぎ手の中で一番の成績をあげた と言ったら?

それも十分ロマンチックだと思うけどな。

これも。
a0157159_063660.jpg
ハコカマ と言うらしいんですが 箱鎌 ですかね。

鎌の首の付け根にクサビを打って 引きをつける。
不自然ですか?

伊勢神宮に使われている継ぎ手だそうです。
使われているのを見るのははじめて。
勉強になるなあ。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-03-04 07:00 | 工事 | Comments(4)
Commented by 余計なお世話かも at 2012-03-04 21:52 x
こんな継手見たことないです、
いろいろな事を知っていて、実践している
先輩がいるなんて!!
出来れば一緒に仕事して
うろいろ勉強したいです。
Commented by 正宗 at 2012-03-04 22:40 x
私も初めて見ました。これでしっかり強度がでているなら問題ありませんね。しかし皆様びっくりして質問責めに合うのは間違い無しですね。
Commented by kaiganyafoo at 2012-03-05 21:31
余計なお世話かも さん
先輩と仕事をしていて思うのは
吸収する力が大きいことです。

私のような半端な人間の話だって
バカにすることなく ちゃんと聞いてくれます。
教わったり学んだりするために 何度も御一緒しました。

それでこその蓄積なんでしょうか。
いい機会なのかもしれません
是非御一緒しましょう。
Commented by kaiganyafoo at 2012-03-05 21:35
正宗さん
先輩はもう何十年も昔に教わって
自分では何度も使っているとおっしゃってました。
でも
興味を持って学ぶ人は ほとんどいなかったようです。

今は 時代が変わって 人の気性も変わりました。
インターネットで知らない人の話も聞けます。
もしかすると 少しずつ変わっていくなにかがあるのかもしれません。
新しい建築の時代に。
<< コーヒー修行 番外編 わらしべ長者 >>