海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
神楽坂建築塾に学ぶ
at 2017-06-13 20:35
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
最新のコメント
川越さま 山で木を伐っ..
by kaiganyafoo at 09:01
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

桂離宮 サル けいおん

みなさん 地震で揺れたりしていますが
いかがお過ごしですか。

海岸屋は ただの日曜日
ダラダラしていました。はい。

読んだ本はこれ
a0157159_2255951.jpg
つくられた桂離宮神話。
面白かったです。
ブルーノタウトと当時のモダニストの関係とか。

神話は解体されても 桂離宮の価値が下がるわけではないです。
ただ 意図的に操作された評価を鵜呑みにしている状態から脱することができる、
そんなかんじですかね。
目からウロコ とも言うのかな?

やっぱり一度は行って見たいですね 桂離宮。



次 これ
a0157159_22122517.jpg
分厚いです。
700ページ以上もある。
知り合いが貸してくれました。
1986年から1990年にかけて雑誌に連載されたものをまとめた本ですから
もうだいぶ古い情報にはなりました。
今西錦司さんもまだ生きてて インタビューしてますしね。
そう
この本は20人近くのサル学の研究者にインタビューして
それをまとめた本です。

こういう事をさせると立花隆はうまいな。
下調べで知識をがばっと仕込んで
ほぼ対等なかんじでそれぞれの人に取材をしてます。
聞く方が無知だと深い質問ができない
いい質問をされると 答える方も嬉しいだろうしね。
いい本でした。

次 これ
a0157159_22265588.jpg
はい まんがです。
けいおん。
大工の先輩は多分55歳になるんですが この本を読んでて
最近の現場でそこのお宅の娘さんと けいおんばなしで盛り上がったらしいです。

いや
別にそれがくやしいとかじゃなくてね。
読んでみました。

うちの息子は けっこうなまんが読みで
おかげさまで最近の名作まんがは ほぼ網羅してます。
「お父さんならこれは面白いだろうね」
とか言って勧められたまんがは まずはずれがないです。

彼のこの本の評価は
「つまんないよ」
でした。

ふーむ
最近少年ジャンプもとばして読む作品が増えた。
感性が老化しているのかもなぁ・・


海岸屋の けいおん の読後感は
「上出来」 です。

高校生の日常のなかから
おもしろいこと たのしいこと を拾い出していく感性と
マンザイにも通じるボケツッコミのキレ 
それと
常識ある大人の抑制とが バランスよく組み合わされています。

キャラクターも類型的ながら立ってます。
一巻だけしか読んでないから偉そうなことは言えませんがね。

まー
そんなこんなで
建築からは関係ないことになってしまった今日の話でした。

ではまた。

そういえば どなたか存じませんが下のバナーをクリックして下さる方が
でごっちゃんの他にもいらっしゃいます。
ありがたいことで お礼を申します。




にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-02-19 22:49 | 読んだ本 | Comments(0)
<< 昔の人の仕事 家具工房アゲハオリジナルさんへ >>