海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
公式サイト
最新の記事
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
サヨナラ数寄屋
at 2016-11-29 20:55
最新のコメント
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
正直なところ、年期の入っ..
by kaiganyafoo at 11:26
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

村野藤吾

みなさん お疲れ様です。

このあいだ東京に行ったのは
ここに書きましたけど 本来の目的はこれ
a0157159_22343023.jpg
「村野藤吾の建築」
この本の出版記念の講演を聴きに行ったんです。

なんでこんなに斜めから写しているかというと
この分厚さを見てもらいたいから。

なんと860ページ以上もあって
さらに中身は2段組みです。

すごいボリュームだ。
旧約聖書並みです。

これは読み物ではなくて
資料なのかもしれない。
レゾネのように・・

綿業会館を見に行こうと思ったら
この本のその部分を見て下準備をするとか・・


海岸屋は 本は相当好きなほうだと思うけど
もう目が弱くなってきたから 根気が続きません。
こんな本をもとに 詳しい人にレクチャーしてもらう とかのほうが楽だな。

でもあれか
¥8500も出して買ったんだから
読まなくちゃウソか
うーん
どうなんだろ

by kaiganyafoo | 2011-03-10 22:45 | 読んだ本 | Comments(4)
Commented by でごっちゃん at 2011-03-10 23:43 x
海岸屋さんなら読んだり書いたりするのが得意だから2・3日で読んでしまうのではないですか。旅客機の本だったら俺は熱心に読むんだけれどね。今は、ミクシイ中毒ですよ。人が安心して住める家を建てるのが海岸屋さんですからね。
Commented by kaiganyafoo at 2011-03-13 22:11
もう 人の何倍も本を読んできたから
目が悪くなってきたのもしょうがないね。
悔いはないです。

でもネットをはじめとするパソコン関係で
目が悪くなった気がするのは残念なんです。
勝手な感想なんですけどね。
Commented by かーるおじさん at 2011-03-15 08:57 x
先日は手黒目の写真ありがとうございました。で、このブログを拝見して「えっ」と声をあげてしまいました。うちの事務所で編集制作にかかわった本です。装丁はかーるおじさん担当です。読むのは大変でしょう。ゆっくりゆっくり読んでください。
Commented by kaiganyafoo at 2011-03-15 20:11
先日はお世話さまでした。
コメントを読んで 奥付を見たら
なるほど御社の名前がありました。

立派な仕事をなさっていますね。
あとがきにも個人名をあげて
感謝の意を表されていましたから
特段の仕事ぶりと拝察いたします。

長谷川先生のお話をうかがったのは
初めてですが 短い時間のなかにも
お人柄がしのばれる いい講演会でした。

かーるおじさん担当の表紙は
村野の代表作の名も高い そごう百貨店ですね。
いかにも建築家の本らしくてグッドですよ。

おっしゃるように少しづつ読んでいきます。
<< 東北関東大震災 匝瑳市の仕事 >>