海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
公式サイト
最新の記事
ちゃんとした納屋 別名ハ号作..
at 2017-07-31 18:40
夏の御宿
at 2017-07-22 19:07
宣伝をする海岸屋
at 2017-07-07 21:02
イ号計画発動中 フライング編
at 2017-07-01 21:13
神楽坂建築塾に学ぶ
at 2017-06-13 20:35
最新のコメント
ブログへの コメント あ..
by soken-t at 00:52
soken-tさま こ..
by kaiganyafoo at 20:03
丁寧な 回答 ありがとう..
by soken-t at 13:45
soken-tさま は..
by kaiganyafoo at 23:45
初めて コメント させて..
by soken-t at 21:09
ありがとうございます! ..
by kaiganyafoo at 00:33
技秀の刃は標準刃でも逆目..
by toshikane at 22:08
tosikaneさん ..
by kaiganyafoo at 18:55
ご無沙汰しております! ..
by toshikane at 00:04
木工事は終わりましたね。..
by kaiganyafoo at 00:19
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

塩野七生

現金なもので
具合が悪いとはいっても
家で寝ているというと本を読みます。

ずいぶん以前に読みかけになっていたんですが
今回 すっかり読んじゃった。
a0157159_23412280.jpg
塩野七生 ルネサンスとは何であったのか

いい本だね。
大体 塩野七生ってーと 「ローマ」って思わないかな?
まあ そう思っても思わなくてもいいんだけど
その「ローマ関連」を書く動機というのが
「彼ら(ルネサンスの人々)が新しい価値観を創り上げるために まず回帰した先が古代のローマなのだから、私も回帰し、それが何であったかを冷徹に知ることが先決すると思ったのだった。」
のだというから
まずルネサンスありきなんだね。

巻末の対談でも言われていたけど
ルネサンスの時代が立体的に見えてくる というのが素晴らしい。

ネットで見てみると 塩野七生に対する評価っていうのは
必ずしも良いばかりではないらしいけど
そんなことは気にしなくていいな。

偉そうなことを言うほどたくさん読んではいないけど
「海の都の物語」
「コンスタンティノーブルの陥落」あたりが次の本かな?

by kaiganyafoo | 2010-12-27 01:03 | 読んだ本 | Comments(2)
Commented by でごっちゃんです。 at 2010-12-27 20:34 x
俺は、余り本を読まないから駄目なのですかね。やおたけさんのブログに詞を書きましたよ。俺は、本を読むとしたらエアーライン関係の本ですね。
Commented by kaiganyafoo at 2010-12-27 21:41
本なんか全然読まなくても平気です。
この世の中をちゃんと見ることのほうが何倍も大事でしょう。
ただ
海岸屋の脳みその中には
本を読むことでしか血が流れない部分があるので
何も読まない日が二日続くと 知能が落ちます。
そんなときは
広告とか領収書の字を読んだりしてます。
やっかいだね。
<< ドレスコード 削ったサクラは・・ >>