海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
川越さん ありがとうござ..
by kaiganyafoo at 02:22
すげ〜っ! 砥泥もほと..
by 川越 at 20:20
白石さんは知ってますよね..
by kaiganyafoo at 07:17
それは 白石さんに聞いた..
by 余計なお世話かも at 22:33
っすね。 昨日、製材所..
by kaiganyafoo at 07:05
携帯の電源切ってても  ..
by 余計なお世話かも at 21:04
これは砥石が柔らかいから..
by kaiganyafoo at 22:01
先日、初めて縦研ぎで 鑿..
by 余計なお世話かも at 21:24
ブログへの コメント あ..
by soken-t at 00:52
soken-tさま こ..
by kaiganyafoo at 20:03
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

鴨居

今日の外房地域は
ものすごく明るい月夜です。

影踏み遊びができるくらい。

明け方は冷え込みそうですね。

さて 現場仕事ですが 今日も造作仕事。
a0157159_14457100.jpg
これは 鴨居の加工をするところです。
写真に写っているのは 昨日先輩から貰った鋸。
中屋保蔵 といって千葉市内の鋸鍛冶です。
もう かなり前にやめていますが。

さっそく鴨居入れに使ってみましたが
ちょうど施主が来て 「切れますか?」と聞かれたので
答えに困りました。

「切れ」と
「さがり」とは違うのですが
建築関係の人以外は 「さがり」 がいいことを 「切れる」 といいますから。

つまり 替え刃の鋸なら10回挽いて切り落とせる垂木を
この鋸ならば30回くらい挽かないと 切り落とせないんです。
でも 切り落とした断面は ピカピカで景色が写るくらいです。

「切れない」 のだったらこんなことはできないですよね。

そんな道具を使って すごく久しぶりにやった鴨居入れは
まあまあ合格点の出来だったと思います。

ちなみに写っている組鑿は 元寿舟弘。
少し硬めの鋼で、いくらか研ぎにくいです。

さて 明日の現場は東京です。

by kaiganyafoo | 2010-11-19 01:58 | 工事 | Comments(0)
<< 鉋掛けの新理論 応援の大工さん >>