海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
公式サイト
最新の記事
夏の御宿
at 2017-07-22 19:07
宣伝をする海岸屋
at 2017-07-07 21:02
イ号計画発動中 フライング編
at 2017-07-01 21:13
神楽坂建築塾に学ぶ
at 2017-06-13 20:35
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
最新のコメント
木工事は終わりましたね。..
by kaiganyafoo at 00:19
いつの間に終わったの? ..
by 余計なお世話かも at 22:07
セグウエイってのは食べた..
by kaiganyafoo at 20:17
おベンツと言えば 脱兎。..
by 余計なお世話かも at 21:47
余計なお世話かもさん ..
by kaiganyafoo at 17:01
まず ひげを剃って  ..
by 余計なお世話かも at 22:49
あの丸太を足の上に落とす..
by kaiganyafoo at 21:40
一昨年足の上に落としたの..
by 余計なお世話かも at 22:08
川越さま 山で木を伐っ..
by kaiganyafoo at 09:01
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

シンプルなお一人様の老後のエコ住宅6

上棟です。
a0157159_19241811.jpg
いい天気で何よりです。

家の骨組みになる木材。
構造材ですね。
土台のヒノキと 柱 梁の杉は千葉県産。
松の梁は岩手産
a0157159_19331430.jpg
ウッドマイレージのいい材料ですね。


a0157159_1935814.jpg
柱を立てたら 梁や桁を乗せます。
そう、クレーンなどの重機は来ません。
おお さすがエコ住宅。
え?
会社がケチなだけ?
そそそ そんなことはない。

お昼前には こんなかんじです。
a0157159_19385584.jpg
材料の寸法はすこしだけ大きめ。


仕上がっても見えるようになる予定の
四角い梁とタイコ挽きの梁。
a0157159_19441162.jpg



そして夕方 ここまで進みました。
a0157159_1945478.jpg
そう、これを上棟といいます。
あらかじめ 構造材の加工をしてしまって
一度に全部組み立てる というやりかたは
諸外国には あまりみられない工法だそうせす。

上棟の神様に挨拶。
a0157159_1950891.jpg


と いうわけで無事上棟が済みました。
お疲れ様でした。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2010-10-02 19:52 | 工事 | Comments(2)
Commented by mobiliantichi at 2010-10-04 22:21
昨年、始めて上棟というものを知りました。両親が家を新築したので。大工さんが一人で作る家だったので、上棟の日には、電気屋さんやら仲間の大工さんやら左官屋さん、板金屋さんなど10人以上が助っ人にきてまして、大工さんは怪我でもされたら、とはらはらだったようです。最近ではなかなか上棟に参加できないから、と職人さん達は息子たちまで連れて来ていたもので。
 私は神様へのこの飾りを大工さんの言われるままに作ったのと、お弁当とお酒の手配をしました。
1日で屋根まで骨組みができてしまうのにびっくりしました。
Commented by kaiganyafoo at 2010-10-04 23:10
mobiliさん

海岸屋は上棟が好きです。

施主や 近所の人 がいて
現場が いつになくはれがましい場所になる・・
そして夕方には くたくたになった自分がいて
はじめて形をあらわした すまいがある。

ご両親のお住まいも またとない職人チームを得て
きっと 作る喜びに満ちた場であったことでしょう。

息子さんたちを連れてくる というそこにも
職人さんたちの 意気と誇りがうかがわれます。
そう
本来 すまいを作るという行為には
人と人とのふれあい
意気と誇り
昂りと喜び・・
様々なものがふくまれる かけがえのない場であったはずなのです。

形ばかりをなぞっても
それらを失ったあとには
寒々しい風景しか残らない気がします。

いい御普請だったようで
なによりです。
それでこそ 人と人の暮らしとをつつむすまいが作られる
そう思います。
<< 刻み仕事 明日は上棟 >>