海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
神楽坂建築塾に学ぶ
at 2017-06-13 20:35
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
最新のコメント
川越さま 山で木を伐っ..
by kaiganyafoo at 09:01
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

田んぼのみどりが・・

今日は風がつよかった。
遠くのくにでは天気が大荒れだったのかな?

もう 田んぼのみどりがすごいことになってきてます。
すごい?
やっぱり これはすごいことでしょう。

なにしろ全部食べるものになるんだしねぇ
でも
いつもこの景色を見るたびに複雑な気持ちになります。
それは 田んぼを作る農家の収入のこと。

海岸屋はいつも農家の仲間から直接米を買いますが
30kgで¥9000
つまり1俵¥18000だから
一反歩8俵とれたとして¥144000。

この売り上げから 
苗代 肥料代 農薬代 機械の維持費やら損耗料・・
もろもろ差し引いて 自分の労賃が出るのか?
半分消えちゃうとしても7日通ったら
一日あたり¥10000・・・。

出ない気がするんだな。

では、手間が出なくても田んぼをやめない理由はなに?
そして それに頼っている食料事情ってなに?

なんてことをぐだぐだ言いながら 今日読んだ本を2冊。
a0157159_20125685.jpg

千葉の成田の人が書いた 稲作りの本。
いろんな意味で画期的だと思います。
中身が中身だから 誰にでもお勧め とは言えないけど
そっち系の方なら おもしろいと思います。
自分のものの考え方をチェックするためには
役に立ちました 私の場合。
そう、先入観にとらわれず 権威に迷わされず
自分の寸法で粘り強く考える   これが必要です。
a0157159_20172888.jpg

こっちはまたずいぶん違うかんじの本。
農水省に対する不信感が増しました。
アタマが悪いから 書いてあること全部が判ったとは思えないけど。

by kaiganyafoo | 2010-07-12 20:27 | 読んだ本 | Comments(0)
<< フラメンコの練習場 成東 以蔵のラーメン >>