海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
どんな自宅に住んでいるか..
by kaiganyafoo at 08:45
何故か 非公開コメントに..
by 余計なお世話かも at 21:07
確かにその方自体は友達で..
by kaiganyafoo at 08:53
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 01:34
通り土間さま 力強いお..
by kaiganyafoo at 01:17
ただいま帰ってまいりまし..
by 余計なお世話かも at 21:06
お疲れ様です。 通りす..
by 通り土間 at 19:42
刻み推しさま 本当に、..
by kaiganyafoo at 23:33
素晴らしい
by 刻み推し at 20:36
スパナさま ありがとうご..
by kaiganyafoo at 00:43
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

本田靖春 「誘拐」

このあいだ読んだ本。
本田靖春著 「誘拐」
a0157159_19284117.jpg

ちくま文庫で¥800

海岸屋くらいの年齢の人だったら みんな知ってる
「吉展ちゃん事件」 (よしのぶちゃんじけん)の本。

著者は新聞記者あがりのノンフィクション作家

海岸屋は吉展ちゃんと同じ年齢だから
その時代の気配というのを知っていて
だから 割引をして考えなくちゃいけないかもしれないけど
この本は 名著だと思います。

犯人探し という簡単な視点ではなく
この事件が起きた原因を 時代背景から描き出してゆく
その描写力は 特筆ものです。

貧困
無知
暴力
差別

世界には 人が克服しなくてはいけない課題というものがいくつもありますが
それらを乗り越えようとする努力の積み重ねの先に
現代の我々の生活がある ということを
あらためて思い起こさせられます。

もちろん 私たちは 理想的な世界を手に入れたわけではありません。
けれど 「吉展ちゃん事件」当時の日本と
今の日本は 同じ国とは思えないほど変わりました。

本田靖春の筆は 誰をも責めることなく
かつての我々の姿を ていねいに描き出しますが
その視点には 人々への愛情に満ちているように思われます。

この事件の直接の被害者の吉展ちゃんはもちろん
刑の執行によって命を絶たれた 犯人の小原も
被害者の家族も
みんなが時代のうねりに翻弄された ただの人ではないだろうか。

by kaiganyafoo | 2010-04-23 09:34 | 読んだ本 | Comments(0)
<< ツーバイフォーの材料 続 植木の畑から >>